ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲報】新ゴーストバスターズがオバサンだらけでファンが激しく悲しむ「どこに需要があるかわからない(涙)」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年7月15日から全米で公開が予定されているハリウッド映画「ゴーストバスターズ」。そのメインメンバーとなる主人公たちがオバサンだらけで、「どこに需要があるかわからない(涙)」と全米が泣いている。

・まったくの新作
今回公開される作品は、1984年に公開された「ゴーストバスターズ」のリブート作品となる。もともと前作の続編を作る予定だったが、脚本家が亡くなったためリブート作品として作成することになったのである。ストーリー的な繋がりはなく、まったくの新作と考えてよい。

・メインメンバーの年齢
クリステン・ウィグ 42歳
メリッサ・マッカーシー 45歳
ケイト・マッキノン 31歳
レスリー・ジョーンズ 48歳

・年配女性が4人
実際にメインメンバーを見てみると、確かに年配女性が4人。もちろん映画は見た目だけでなく中身で勝負なのは理解できるが、北米のファンからは以下のような厳しい声が出ている。

・北米のファン
「別に美人じゃあなくてもいい。むしろブサイクだっていいんだよ。スパイダーマンのキルスティン・ダンストだって美人じゃないけど大好きさ。だけどゴーストバスターズはダメだ。オバサン4人って何だよ。最年少のケイト・マッキノンだって31歳なうえに老けメイクしてるしさ。感情移入できないし、どっぷりハマりたいとも思えない」

・前作のキャストがカメオ出演
いろいろと不安要素のある作品だが、主人公メンバーを演じたビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソンがカメオ出演するのが唯一の救いか。コメディアンとしての技量を持つレスリー・ジョーンズの演技にも期待できる。できれば、またあのマシュマロマンを観てみたいものである。

https://youtu.be/LzTyzLQz7Ik

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+
Via: Ghostbusters

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP