体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい魅力発見!ファミリーにおすすめ♪東京を水上バスでショートトリップ

新しい魅力発見!水上バスで旅する東京

東京は古くから河川を利用した海運業や漁業が発達し、栄えてきた街。そんな東京を水上から実感できるのが、東京都公園協会が運営する「東京水辺ライン」です。

江戸情緒あふれる界隈から最新の観光スポットなどを水上バスで巡れば、また新たな魅力を再発見できるかもしれません。

もちろん初めて東京散策をする方にとっても、思い出になること間違いなし。

また、大人も子供も楽しめるスポットを組み合わせれば、ファミリーみんなが大満足の旅にカスタマイズすることもできるんです。

今回は、ファミリーにおすすめの水上バスで巡る観光スポットをご紹介します!

コース1.

江戸から現代へタイムトリップ

浅草寺

↓ 水上バスで約45分 浅草・お台場クルーズ(浅草(二天門)発着場~お台場海浜公園)

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

浅草寺

江戸っ子気分で一年の幸せを祈願

浅草寺 浅草のランドマーク「雷門」をくぐるとそこはもう仲見世通り(画像提供:浅草寺) 浅草寺 本堂(観音堂)にある内陣中央の御宮殿(ごくうでん)にご本尊の観世音菩薩さま(慈悲の仏さま)が奉安されています

(画像提供:浅草寺)

まずは、江戸のお正月気分を味わいながら「浅草寺」へ向かいます。日本でもっとも古い商店街ともいわれる仲見世通りを通っていきましょう。

ここでのお楽しみは、ズバリ食べ歩き!「手焼きせんべい」や「団子」「人形焼」など浅草グルメが盛りだくさん!子供はもちろん、大人も江戸っ子気分が盛り上がること請け合いですよ。

お腹が満たされたら、忘れずにお参りを

飛鳥時代に創建された東京最古の寺院「浅草寺」のご本尊は、慈悲の仏さまといわれる観世音菩薩さまです。人々の苦しみを見てはその苦しみを除き、願いを聞いては楽しみを与えてくださるのだそう。

一年の幸せを願って、合掌して「南無観世音菩薩」とお唱えしましょう。

浅草寺の二天門から6分ほど歩けば、「浅草(二天門)発着場」に到着。ここからは水上バスに乗ってお台場へGO! 浅草寺

TEL/03-3842-0181

住所/東京都台東区浅草2丁目3-1

開堂時間/6:30~17:00 (10月~3月)、6:00~17:00 (4月~9月)

定休日/なし

参拝料/無料

「浅草寺」の詳細はこちら

浅草・お台場クルーズ

浅草からレインボーブリッジをくぐり、お台場へ

浅草・お台場クルーズ レインボーブリッジが間近にせまる! 浅草・お台場クルーズ 水上バスから望む勝関橋と都心方面を望む。近代的なビル群が…

浅草(二天門)発着場から水上バスに乗り、いざお台場へ。ここからは、隅田川沿いにクルーズし、江戸から現代へのタイムトリップを楽しみましょう。

吾妻橋、駒形橋、厩橋(うまやばし)、蔵前橋、両国橋をくぐって進むと、景色は、江戸の風情から1転、近未来のビル群へと変わります。

勝関橋 (かちどきばし)あたりからは、右岸には、東京タワー、左岸には東京スカイツリーを見ることができます。(※川の上流から下流にむかって右が右岸、左が左岸)

浜離宮恩賜庭園をすぎ、間近に迫るレインボーブリッジをくぐれば、目的地のお台場へ到着です。 浅草・お台場クルーズ

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。