ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バームクーヘン好きのあの人に!おすすめ東京土産4選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京の月

東京には美味しいスイーツが山ほどあります。チョコレートに、クッキー、和菓子など各ブランドが競って味と話題性を追求していますが、ここで特におすすめしたいのは東京駅で買えるバームクーヘンです。

バームクーヘンは見た目も可愛く、女性にも人気のお土産です。オーソドックスなものから、変わり種まで東京で買えるバームクーヘン5選をご紹介します。

1.菓匠禄兵衛 東京の月

東京駅改札内人気No.1

東京の月 東京の月

菓匠禄兵衛の和風バームクーヘンは、バームクーヘンのまわりに餡と小豆のカステラをあしらったもの。見た目はキュートですが、緑茶との相性も抜群の大人向けのお菓子です。

パッケージは東京駅舎のデザインで特別感もあり、もらった方はきっと喜ばれることと思います。中は小分けになっているので、もらった相手の方も他の方に分けて食べ合えることができて、より喜ばれそうですね。4個入りで1500円です。 菓匠禄兵衛 東京の月

購入場所/東京駅 エキュート東京

TEL/03-3211-8926

営業時間/8時~22時、日祝~21時30分

賞味期限/90日

「東京の月」の詳細はこちら

2.黒糖DOKORO九六一八 黒糖バームクーヘンくろのきホール

東京土産に迷ったら、東京駅限定のこちらを!

黒糖バームクーヘンくろのきホール 黒糖バームクーヘンくろのきホール

黒糖DOKORO九六一八の黒糖バームクーヘンくろのきホール、駅舎パッケージは東京駅でしか買えない限定品ですから、お土産で買って帰れば喜ばれるに違いありません。

使っている黒糖は沖縄県産のもので、食感はやさしいバームクーヘンです。ホールでお値段は1080円、みんなで食べてもしっかりボリュームがあります。 黒糖DOKORO九六一八 黒糖バームクーヘンくろのきホール

購入場所/東京駅 京葉ストリート

TEL/03-3218-8026

営業時間/8時~22時

賞味期限/14日

「黒糖バームクーヘンくろのきホール」の詳細はこちら

3.ザ・メープルマニア メープルバームクーヘン

ボリューム満点のお土産

メープルバームクーヘン メープルバームクーヘン

ザ・メープルマニアのメープルバームクーヘンはボリューム満点で、人数が多い家族にお土産として差し上げたり、友達同士でパーティーをする時などに持って行ったりしてもOK。

たっぷりのメープルが使われており、食べごたえもありますし、キャラメリゼがしゃりっとした食感も心地よいです。お値段はホールで2268円。箱も豪華で高級感があります。 ザ・メープルマニア メープルバームクーヘン

購入場所/東京駅 グランスタダイニング

TEL/03-3216-1380

営業時間/6時30分~22時30分

賞味期限/21日

「メープルバームクーヘン」の詳細はこちら

4.東京プディングバウム

目上の方にも喜ばれるお土産

東京プディングバウム 東京プディングバウム

海老名サービスエリア限定のバームクーヘンは東京プディングバウム。アーモンドパウダーと和三盆を使用し、甘さは控えめで上品な仕上がりです。ふんわりしっとりとしており、目上の方にも喜ぶお土産です。

もちろん、友達同士で仲良くお茶をしながら食べるのもOKです。ホールで1404円とお値段もお手頃です。 東京プディングバウム

購入場所/海老名SA(下り)蔵市

TEL/046-231-4368

営業時間/24時間

賞味期限/30日

「東京プディングバウム」の詳細はこちら

まとめ

クリームやトッピングなどもしないのに、あっさりしながらもほどよい甘さで、美味しいバームクーヘン。男女問わず好きな方が多いですよね。

ただ本記事でご紹介しましたように、一口にバームクーヘンといっても実にいろいろな種類があることに気付かれたかと思います。

お土産に迷ったら、バームクーヘンは無難ですが、東京のどの店で買えばいいの?と迷われた方は、ぜひこちらをご参考に、東京駅周辺で、プレゼントしたい相手にぴったりのバームクーヘン土産を見つけて下さいね。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

福岡空港で買いたい!食べたら思わず笑顔になる、おすすめの銘菓・スイーツお土産
両親や目上の方に喜ばれる!東京駅改札内で買える「お土産」8選【編集部セレクト】
仙台駅で買える!ホームパーティにも!友人に渡したいお土産ランキング5

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。