体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡モーターショー2015レポート 未来な車と美人コンパニオンが博多に集結!

福岡モーターショー2015レポート 未来な車と美人コンパニオンが博多に集結!

福岡モーターショー2015@Mercedes-Benzブース
12月18日から21日にかけて、福岡県・マリンメッセ福岡を中心とした3会場にて、最先端の車の祭典「福岡モーターショー2015」が開かれました。

世界5大モーターショーのひとつ「東京モーターショー」に合わせて、世界でも有数の自動車生産拠点である北九州地域にて行われている本イベント。2007年から隔年開催されており、今回で5回目を数えます。

クルマとあけよう 未来の扉」をテーマに、国内外のメーカーが展開する最新モデルの車種から、最新技術によるコンセプトカー、燃料電池(FCV)/電気(EV)自動車といった環境に配慮した次世代車が集結。

今回は、約40ブランド・230台もの車やバイクがところ狭しと展示されていた「福岡モーターショー2015」。

そのなかでも、特に人気を集めていたコンセプトカーを中心に、美人コンパニオンさんまで一気にご紹介します!

未来の技術が詰め込まれたコンセプトカーが続々!

福岡モーターショー2015の様子

福岡モーターショーは、マリンメッセ福岡、福岡国際会議場、福岡国際センターの3施設で開催。マリンメッセ福岡には、国産メーカーによる最新車両とコンセプトカーが並ぶので、特に大きな賑わいを見せていました。

筆者は近隣の博多駅から出ているシャトルバスで会場に向かったのですが、長蛇の列ができており、到着前からすでにお祭りムードが漂っていました。

日産

福岡モーターショー2015

日産のブースでは、人気レースゲーム「グランツーリスモ」シリーズの誕生15周年を記念したプロジェクト「ビジョン グランツーリスモ」の一環で制作された『NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TURISMO』が展示。

洗練されたデザインに加えて、Fire Knight(炎の騎士)と名付けられた高級感のあるカラーリングと重厚なボディラインには、思わず男心をくすぐられてしまいました。

トヨタ

こちらは、トヨタが制作した水素エネルギーの普及した将来の社会へ向けてつくられたFCV自動車『TOYOTA FCV PLUS』。SF映画に出てくるような近未来的でクールな外観ですが、もしこんなデザインの車が遠くない未来に堂々と公道を入っていると想像するとワクワクしますね!

ホンダ

ホンダが出品していた『Light Weight Super Sports Concept』は、青いライトが印象的なスーパースポーツコンセプト。エッジの効いたフォルム、重量感を感じるカラーリングからも、とてつもない迫力を感じます。

スズキ

一方、同じバイクでもスズキの『Feel Free Go!』(フィール フリー ゴー!)は、クロスバイクから着想を得た作品。ギヤチェンジがハンドルグリップ式で設計されていたりサドルシートになっていたりと、徹底してクロスバイク風のアレンジが施されています。

また、鏡がついていない代わりにフルカラーディスプレイのメーターにはリヤビュー画像を映し出す機能や、安全性を高めるためライン状の光のガイドフレームを四方の地面に照射する機能を備えるなど、小ぶりな外見からは想像できないほど、ロマンに溢れた装備の数々が搭載されていました。

ダイハツ

ダイハツが出品していた『Tempo』は、移動販売を手軽に行うための実用的かつ、見た目もかわいらしい商用車モデル。軽自動車の規格で設計されているため運転も手軽に行うことができる上、広々とした内装も実現されています。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。