ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間関係も大掃除。今年中にキッパリ別れるべき人「トップ10」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき”人間が、アナタの周りにもいるのなら、この年末を期に見直しておいた方がいい。

 01.
一緒にいるだけで
負担を感じる人

適度なストレスの影響は悪いことばかりではないけれど、常に負担を感じてしまうような関係は別物。そんなストレスは不要では?心ばかりか、脳へのダメージも大きくなる。

02.
口達者で他人を利用する人

まるで死神のようにあなたに取り憑いている人間。口が達者で、他人を誘惑し、自分の成功を手にするために手段を選ばない存在だ。結果的に他人を傷つけてしまっていることに気が付かない人もよくない。

03.
相手に感謝できない人

尊敬される人というのは、どんなときも周りの人に敬意が払えるもの。互いに認め合い、いいところを伸ばしあえる関係を築けないのであれば、この際、友情は終わらせてしまってもいいはず。

04.
言葉の暴力で
意図せずに傷つける人

コミュニケーションのなかで、心がひどく落ち込んだり、放たれる言葉に棘を感じることがある。たとえ、その人に悪意があろうがなかろうが、他人へのいたわりに欠ける人間の可能性が高い。

05.
平気で嘘がつける人

嘘のない人間なんていない。初対面であれば本当のことを言わないことだってある。だけど、あなたが関係を深めようと努力しているにも関わらず、嘘ずをついてくるのだとしたら、一生ホンネで話すことなんてできないだろう。そんな人と付き合う時間は、もっと信頼できる人と過ごすための時間にまわそう。

06.
表と裏の顔がある人

あなたの前ではよく言うが、他の人にはまったく反対の意見を言う。人や状況を見ながら本音と建前を使い分け、自分の立場を使い分ける二面性のある人物。影であなたの評判を悪い方向へ持って行く。早いうちに関係を切った方が良い。

07.
結局、上っ面だけの人

普段は楽しく一緒に過ごしていても、いざ、近づこうと肩に手をかけた瞬間、牙を剥かれる。上辺だけを合わせていながら、結局は自分と無関係を装う。嘘はつかないかも知れないが、本当のことも言わない。あなたの友情や同情に応えることが、はたして本当にあるだろうか?

08.
過去の失敗を
蒸し返そうとする人

人生を楽しめるのは、つねに前進し続けることのうえにある。過ちを乗り越え、成長しようと努力しているあなたを、わざわざ振り返る必要もない過去へと引き戻す悪友は、あなたの人生にとって毒にしかならないだろう。

09.
親切を押し付けてくる人

親切心は、相手の気持ちを察してこそ。それを、一方的に押し付けてくるのはいかがなものか。こちらが、応えないからといって、あなたを悪く言うような人と一緒にいても、良いことなんてひとつもない。そっと、身を引こう。

10.
あなたの決断を
引き止める人

人生のなかで達成できることは、ごくわずかしかない。限りある時間を有効に使って、ひとつひとつ成し遂げていかなければならない。前進しようと全力で踏ん張るあなたを、引き止める人とは距離を置いた方が良い。

 Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

生意気な後輩に対する、10の対処法と接し方
人間不信が引き起こす5つの症状と克服方法
媚びる人に共通する8つの特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP