体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

B級・お笑い・POV・ゾンビも…… 2015年公開ホラー映画を予告編で振り返る『“コワイ映画”勝手に予告編大賞』[ホラー通信]

予告編大賞

『ホラー通信』では2015年も、背筋も凍る正統派ホラーから爆笑のゾンビコメディ好きにならずにいられないB級ホラーホラーじゃないけどゴア描写が激しい映画などなど、沢山の映画を“コワイ映画”としてご紹介してきました。そんな今年公開された“コワイ映画”のなかから、ホラー通信の一記者が独断で選出した“優れた予告編”を表彰する「“コワイ映画” 勝手に予告編大賞」をおおくりいたします。

すでにDVD発売・レンタル開始している作品も多数。2015年ホラーを振り返って、もう一度観たいor今からでも観たい作品をチェックしていただきたいこの企画。大掃除の息抜きに、お正月休みののんびりした時間に、仕事が納まらないあなたの休憩時間に、どうぞご覧ください。

最後の踊りはなんだよ!賞


・『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2015年1月24日公開)

現代でシェアハウスをしながら生きるヴァンパイアの生活を描いたゆるゆるホラーコメディ。「数々の映画祭で主要部門受賞……ならず!!」というナレーションも愛おしく、各キャラクターの個性も分かりやすい楽しい予告編。散々ニヤニヤさせたあと、ラストのヴィアゴの謎ダンスが奇妙な余韻を残します。ちなみにあの踊りが何なのかは映画本編を観ても分かりません。

関連記事:映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』吸血鬼ヴラドにインタビュー! 「この120年間で一番おもしろい映画だぞ!」

見比べると楽しいで賞

・『ザ・デッド インディア』(2015年1月10日公開)
・『インド・オブ・ザ・デッド』(2015年3月21日公開)

2015年はインドを舞台にしたゾンビ映画が2本も公開されました。ロメロ映画を踏襲した“のろのろ歩き”のゾンビでとにかく恐い作品に仕上げた、イギリス人監督による正統派ゾンビホラー『ザ・デッド インディア』……とはまったく対照的に、インド人監督が作り上げた『インド・オブ・ザ・デッド』は陽気なインド音楽にのせておくる爆笑ゾンビコメディ。予告編で見られる「インドにゾンビ? お化けならまだしも?」「グローバル化だよ!」といったギャグも白眉。この2本の雰囲気の差でどうぞ笑ってください。映画本編はどちらも傑作と言える出来だというのも素晴らしいところですね!

関連記事:【レビュー】インド初のゾンビコメディ『インド・オブ・ザ・デッド』は胸アツの傑作 “きっと、うまくいく”ぞ!

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。