ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Pixel ブランドのAndroidタブレット「Pixel C(C1502W)」 開封の儀&ファーストインプレッション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12 月上旬に海外で発売された Google Pixel ブランドの Android タブレット「Pixel C(C1502W)」を入手したので早速開封の儀を執り行います、。Pixel C は、Android 6.0 Marshmallow を搭載した 10.2 インチ画面の大型タブレットで、別売のキーボードドックと組み合わせるとノート PC としても利用できる 2 in 1 の製品です。Pixel C の特徴は、Google が設計・開発したタブレットであるところと、最新のスペックを備えたところでしょうか。外装は Chromebook Pixel のようなフルメタルボディを採用しており、プロセッサには NVIDIA の最新モバイルプロセッサ Tegra X1 をタブレットでは初めて採用しました。また、ディスプレイも 10.2 インチ 2,560 x 1,800 ピクセルと他の Android タブレットよりも大きく高精細です。Pixel C で期待されることは、従来の Android タブレットに比べてノート PC としての利便性が向上してるのか?という点だと思います。先にお知らせしますが、残念ながら、現行の Pixel C にそのような機能はありません。細かい部分に違いはありますが、機能的には Nexus 9 の拡大版だと言って良いでしょう。Pixel C の主要スペックは、10.2 インチ 2,560 × 1,800 ピクセル(308ppi、500nits)の IPS 液晶ディスプレイ、Tegra X1 1.9GHz Cortex-A57 クアッドコアプロセッサ(256 コア GPU)、LPDDR4 の 3GB RAM、32GB / 64GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、34.2Wh(3.8V で約 9,000mAh)を搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)、Bluetooth v4.1 + HS に対応しています。それでは開封していきましょう。Pixel C は Pixel ブランドということで、パッケージングが Nexus 製品から変更されています。白の箱に Pixel 特有のライトバーを描いた外観です。同梱品は、Pixel C 本体、USB Type-C ケーブルの USB チャージャー、取説などの書類です。Pixel C の外装はアルマイト処理を施したフルメタル仕様です。背面から側面にかけて同じ素材が使用されています。見た目はまるで MacBook のシルバーです。メタルボディと聞くと、冷たくて金属に触れているような手触りではないか?と思う方も多いと思いますが、Pixel C にはアルマイト加工が施されているので、表面は意外と滑らかでした。そのため、持った時の感触は Nexus 9 に近いと思いました。また、手持ちの MacBook と比較すると、MacBook よりも表面がきめ細やかな感じも受けました。筐体サイズは 242 x 179 x 7 mm / 517g で、カラーはシルバー 1 色です。ディスプレイサイズが 10.2 インチなので、筐体サイズは 9.7 インチの Nexus 9 よりも大きいものの、厚みは Pixel C の方が薄いようでした。スピーカーは左右の側面にスリット型のデザインで搭載されており、音をステレオで視聴できます。音量が小さい場合は乾燥したステレオ感ですが、音量を中 ~ 高にするとタブレットの全面から音が出るような音質になります。左側面にはボリュームボタンと USB Type-C コネクタ。USB Type-C の採用により、15W の急速充電も可能になっています。上部には電源ボタン。背面には Chromebook Pixel でお馴染みのライトバーを搭載。Pixel C は Android 6.0.1(Marshmallow)を OS に採用しています。Pixel ブランドで中身を Nexus から一新したかと思いきや、中身はほぼ Nexus でした。UI で唯一異なるところを挙げれば、ナビゲーションボタンが左右に分割されているところです。端末の左右を持って操作している場合やノート PC スタイルで使用している際に、それぞれのボタンが押しやすいというメリットがあります。プリインストールアプリは Android 標準アプリと Google アプリが多数。UI 周りは Nexus とほぼ同じです。Chromebook Pixel の流れもあって Pixel C の Chrome ブラウザは専用設計ではないか?と期待されるところですが、Chrome の機能や表示内容は Google Play ストア版と同じです。Pixel C のディスプレイサイズは 10.2 インチです。Android で一般的な 10.1 インチよりもわずかに大きく、解像度の高さや液晶の関係もあってか、画面の表示内容は非常に綺麗でした。これは見ただけで明らかです。また、一般的な 10.1 インチ 2,560 x 1,600 ピクセルの 16:10 ディスプレイよりも横に広いため、WEB ページの表示量が多く、電子書籍ではより大きく表示されるようになっています。最高輝度が 500nits らしいので、屋外での視認性は比較的良好でした。性能面について。Pixel C のプロセッサにはベンチマークアプリで現在トップに君臨している Tegra X1 を採用しています。また、RAM には高速な LPDDR4 を採用していることもあり、アプリの実行速度は十分過ぎるものでした。特に、ゲームアプリの起動と各所に見られるローディングの時間が短く、全体的に動きは機敏です。ただ、解像度の高さが影響してか、それとも私が乾燥肌だからなのかは判断できませんが、タッチパネルの感度が思ったほど良くなく、頻繁に誤タッチをしてしまいます。ネット上でタッチパネルの問題は見かけないので、私の指が問題なのかもしれません。Pixel C は前後にカメラを搭載していますが、LED フラッシュはなく、HDR+ にも対応していません。また、静止画の画質はあまりよくなかったみたいです。露出の自動調節がうまく働かないようで、明暗に多きな差がある場合はタッチ位置によって白飛び、あるいは黒つぶれが生じていました。とはいえ、タブレットのカメラなのでパフォーマンスや画質に期待している方はあまり多くないと思います。次回は Pixel C のキーボードドックの開封 & ファーストインプレッションを紹介します。

■関連記事
ZTE、Nubiaのグローバルサイトをオープン予定?
「Xperia Z6 Lite」の噂が浮上、5インチディスプレイやSnapdragon 618を搭載?
LG、「LG G3」のAndroid 6.0アップデートを近々開始

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP