ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ディズニーCEOボブ・アイガーが今年の報酬を4490万ドルに減額

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOボブ・アイガーが、2015年はわずかな減給を受け入れた。公開申告によると、彼の報酬総額の提示を3.4%落とし、4490万ドルとした。

昨年、このメディアとエンターテイメントのチーフは、賃金とボーナス、それに株式報酬をあわせて4650万ドルを稼いでいた。これは、2013年の3430万ドルから大きな伸びを示した。

米ディズニーにとってこの1年は、帰ってきた映画『スター・ウォーズ』の続編のお陰で興行収入が上昇した半面、傘下のスポーツ専門チャンネルESPNの長期的な展望について投資家の懸念を引き出した年でもあった。ケーブルテレビの解約が相次ぎ、スポーツチャンネルの経営に深刻な悪影響を与えた可能性がある。投資家たちは主な収益を、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムといったディズニーの背後にある会社からあげた。米ディズニーの株は、今期、18%上昇した。

アイガーの報酬には250万ドルの給与、2230万ドルの報奨金、890万ドルの株式、840万ドルのオプションを含む。 

米ディズニーのリーダーシップ陣に関して言うと、2月にCOO職に就いたトーマス・スタッグスは、報酬総額2000万ドルを受け取った。そこには200万ドル弱の給与、860万ドルの報奨金、460万ドルの株式、340万ドルのオプションが含まれる。

6月にCFOに就任したクリスティン・マッカーシーは、710万ドルを受け取った。86万9712ドルの給与、430万ドルの報奨金、100万ドル強の株式、65万2018ドルのオプションが含まれている。前冬にCFOを辞任したジェイ・ラズロは1510万ドルの報酬を受け取った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP