ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

総決算企画●2015年のおためし新商品ベスト3〜ライター 蘭よう子編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年おためし検証した中で、記者が良かったと思うBEST3をご紹介する。どれも使い勝手と性能に優れた買って間違いない逸品揃いである。

第3位●女性向けに特化した『ガーリーテプラ』

事務作業をしていれば「テプラ」を利用したことがあるだろう。ファイル名などの仕分け作業や目印に、その場でサッとテープに印字することが出来る今では欠かすことの出来ない事務用品だ。 そんな「テプラ」だが、家庭での使用頻度も高かったりする。 現に記者も、自分用のテプラを所有しており、 家庭内の整理整頓に用いることが多い。

 

そんな事務的作業の要因が強かった「テプラ」には、女性向けにターゲットを絞った『ガーリーテプラ』がある。 パッケージの見た目も可愛らしく、絵文字、フォントなども豊富。 また、ラベルのカートリッジもマスキングテープやリボンなどが増え、ハンドメイド女子の制作意欲を駆り立てている。(カートリッジは既存のテプラにも使用可)

そして、 この『ガーリーテプラ』、可愛らしいフォントや絵文字だけでなく使いやすさも良い。 一般的な「テプラ」は平面にすべてが集約されているのに対し、 『ガーリーテプラ』は二面に分かれている。 宝石箱のようなパッケージで、蓋を開けると液晶画面、入力部分と分かれているのだ。 これが思っている以上に操作しやすく使いやすい。 手作り好きな人のラベル作りに。これから選ぶのであればこの『ガーリーテプラ』をオススメする。

 

第2位●電解水素水整水器『TRIM ION HYPER』(トリムイオンハイパー)


整水器とは、浄水された水をさらに電気分解し、抗酸化性がある水素を豊富に含むアルカリ性の電解水素水を作る機器。日本トリムの整水器は、医療機器としても認められている。 近年ブームにもなっている水素水。これが家庭で生成出来るのだ。

 

記者は約1ヶ月ほど普段の生活に『トリムイオンハイパー』を取り入れてみた。 水素水で炊くお米や料理の美味しさ、もちろん水そのものの美味しさをしっかりと感じ、水道水との違いを実感した。 食べたもので出来ている私達のカラダ。その軸となるのが水である。「水を変えることで、暮らしを変える」という同社のコンセプト通り、 良い水をカラダに取り入れることで、カラダも変わっていくだろう。

 

大がかりな整水器を取り入れようとすると、設置スペースなども必要になってくるが、この整水器(トリムイオンハイパー)はとてもコンパクト。 水道水周りに設置するスペースはそれなりに確保しなければならないが、 スリムなボディなので、それほど圧迫感を感じない。

 

導入しようとした場合に初期費用としてかかってくる金額は確かに高額に思えてしまうのだが、ウォーターサーバーやペットボトルのミネラルウォーターを購入するよりも、 その場で新鮮な水素水、浄水、酸性水と3種類の水を生成出来ることのメリットはかなり大きい。 長く愛用していくことや、家族みんなで使うことを考えるとその価値は十分にある。 健康、美容を意識する人であれば、ぜひ知っておきたい商品である。

 

さあ、いよいよ第1位を発表しよう。

 

第1位●BALMUDA(バルミューダ) 『The Toaster

2015年、記者が実際に検証した中で1番良かった商品はこちら!上半期に大注目を集めたバルミューダの究極のトースター『The Toaster』である。トースターと言えばパンを温めて焼き色をつけるもので、手頃なものでは2000円程度で購入することができる。

 

しかし、このトースターの価格は約2万円。「完璧な温度制御」によりパンを最適な状態に焼き上げるというものだが、 そのこだわりはさすがであった。 食パン、クロワッサン、バゲットとパンの種類によって、 緻密に温度管理をしている。

 

特徴的なのは、焼く時に5ccの水を使い焼き上げるスチームテクノロジー。 スチームを充満させて、パンを焼くのだが、こうすることで表面はさっくり、中はふんわりと焼き上がる。トースターの見た目もシンプルでスタイリッシュであり、ダイヤル式であるところなどクラシックな要素も詰まっている。 操作方法も簡単だ。

 

記者も色々なパンをこのトースターで焼いてみたが、とにかく美味しさが普通のトースターとは違う。 こんなにも徹底してこだわることで、ここまで美味しさに差が出るのかと感動した。高価格帯のトースターではあるが、そのこだわりと美味しさには納得。 パン好きな人にはぜひオススメできる1台である。

 

2015年もいろいろな新商品にめぐり逢った。実用性にあふれつつ、画期的な商品の数々に感心することも多かった。2016年もまた素晴らしい新商品との出会いがあることを期待する。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP