体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、ビクターに20年ぶり復帰&横浜アリーナ公演開催発表

BUCK-TICKが自身のレーベル<Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)>をビクターエンタテインメント内に移し、今後の作品リリースを同社から行うことを発表した。これは彼らが16年連続で12月29日に開催している恒例の日本武道館公演にて発表されたもの。

12月29日@日本武道館 (okmusic UP's)

ビクターは彼らが1987年のデビューから10年間所属した所縁の深いレコード会社で、「JUST ONE MORE KISS」「惡の華」などの初期の大ヒット作は同社が輩出している。1997年以降はビクターを離れ、レコード会社数社からコンスタントに作品をリリース、2012年には自身のレーベル<Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)>を発足し、デビュー以来、不動のメンバーで精力的なリリース活動を続けている。

2015年はBUCK-TICKとしてオリジナル作品のリリースはなかったが、ボーカルの櫻井敦司は新バンド、THE MORTALの作品発表とライヴツアーを敢行、また、ギターの今井寿は20余年ぶりにSCHAFTの活動再開をアナウンス、年明けには新作リリースとショートツアーを控えており、BUCK-TICKを離れたソロ・プロジェクトでの活発な活動も音楽ファンの注目を集めていた。

こうしたなか発表された今回のニュース。30年にも渡りオリジナルメンバーで第一線を走り続けるロックバンドが、デビュー時のレコード会社に20年ぶりに復帰するというスケールの大きさは、BUCK-TICKというバンドのスケールをそのまま示すと同時に、これからの彼らが新たな作品と過去の名作とを両輪に据え、バンドにとって最も実り豊かなフェーズに入ることを期待させるのに十分な、じつに喜ぶべき報せといえるだろう。新作リリースに関する詳細は明らかにされていないが、BUCK-TICKでの制作活動の行方にファンは期待して間違いなさそうだ。

さらに、来年9月11日に横浜アリーナにてスペシャルライヴを行うことも発表された。9月11日の横浜アリーナ公演といえば、1992年と2004年に『Climax Together』という企画名でスペシャルライヴが開催されており、前回からちょうど12年後にあたる2016年公演は、“12年周期で開催される企画ライヴの第3回目”に相当。どのようなライヴが行われるのか、興味は尽きないが、ライヴに関する詳細は今後、決まり次第発表されるとのこと。

BUCK-TICKの活動スケールを物語る2016年の2大ニュース。期待は高まるばかりだ。

『THE DAY IN QUESTION』12月29日@日本武道館
長野・大阪・北海道・横浜、そして東京と、BUCK-TICK過去最多の5会場を巡った「THE DAY IN QUESTION」のファイナル公演が、12月29日に日本武道館にて開催された。BUCK-TICKが年末に日本武道館で公演を行うのは、今年で16年連続。今公演のチケットは瞬時にソールドアウトした。

暗転したフロアに「THEME OF B-T」が鳴り響き、メンバーを模したクロウがスクリーンに舞い降りるたびに大歓声があがる。興奮に包まれる中、メンバーがステージに登場。今井寿(G)が放ったノイズ音に重なるように、星野英彦(G)が奏でる軽やかなイントロが始まりを告げた。一曲目は「ANGELIC CONVERSATION」。櫻井敦司(vo)の伸びやかなヴォーカルが異世界へ導く1989年の名曲だ。続いて「惡の華」「LADY SKELETON」「Brain,Whisper,Head,Hate is noise」など新旧織り交ぜたバラエティに富んだラインナップで、過去や未来、幻想世界から宇宙まで、様々な世界へとトリップさせてくれる。

「tight rope」で宇宙空間に放たれた後、「密室」で一気に閉ざされた部屋へと引きずり込まれる中盤は瞬きを忘れるほどドラマチックだったり、「スパイダー」では樋口豊(B)のうねるベースサウンドが炸裂、ヤガミ・トール(D)のバスドラのイントロが轟音響いた「MISTY ZONE」、「ICONOCLASM」「細胞具ドリー:ソラミミ:PHANTOM」では硬質サウンドが全身を貫いた。そして終盤、賛美歌を感じさせる美しい今井のギターソロから始まる「JUPITER」、壮大な「夢見る宇宙」で、フロアは優しさと暖かみに満たされていた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。