ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、スマートホーム用のホームゲートウェイ「SmartThinQ Hub」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG がスマートホーム向けの IoT 機器を管理・繋げる役割を担う新デバイス「SmartThinQ Hub」を発表しました。SmartThinQ Hub は、スマートホームのホームゲ​​ートウェイ装置のことで、LED 照明などの操作できる Zigbee や Wi-Fi、Bluetootoh などのワイヤレス規格をサポートしており、LG が出しているスマート家電や、従来の家電をスマート家電に変える SmartThinQ センサーと連携します。SmartThinQ Hub には、家電の状態やスケジュール、天気などの情報を 3.5 インチの画面に表示したり、音声で知らせることのほか、音楽を再生する機能も搭載。例えば、洗濯機と連動して洗濯完了のアラートを知らせてくれるなど、家電製品の動作状態に合わせて情報を提供してくれます。本体は Amazon Echo のような筒型の形状を採用しており、上部には 3.5 インチディスプレイを搭載しています。また、スピーカーは Bluetooth スピーカーとしても機能するおまけ付きです。SmartThinQ Hub は米国のインターネットラジオ「iHeart Radio」のストリーミングサービスや米国の生活家電チェーン「Low’s」のスマートホームマネージメントシステム「Iris」、米国の IoT 推進団体「AllSeen Alliance」の IoT 規格「AllJoyn」などもサポートしています。SmartThinQ Hub は 1 月 6 〜 9 日までの間、米国・ラスベガスで行われる CES 2016 イベントで披露される予定です。Source : LG

■関連記事
LG、「LG G3」のAndroid 6.0アップデートを近々開始
Anker、Quick Charge 3.0対応の急速充電器「PowerPort+ 1」を発売
Android Tips : Android 6.0でプリインストールアプリを初期状態に戻す方法

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP