体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜で一番美味しい天丼専門店『豊野丼』をまとめてみた @『豊野丼』真金町

toyo-hamo3_R

『クレイジーケンバンド』のギター担当である小野瀬雅生氏は、かなりの食通、もとい”食いしん坊”として筆者もリスペクトしていますが、その小野瀬雅生氏に

「天丼界の東の横綱」

とまで言わせる、横浜市の真金町にある天丼専門店『豊野丼』をサクっとまとめてみました。

筆者もちょいちょい通ったのですが、さして顔を覚えられる事も無いほどに”濃い常連”たちに囲まれて、キャラの強い大将が織りなす”豊野丼劇場”には賛否が分かれる所ですが、それも含めて『豊野丼』の魅力である事は間違いありません。

一体、何が多くの人々を惹きつけるのでしょうか?

強烈な個性が際立つ『豊野丼』の大将

toyo-kaisen1_R

こちらは『豊野丼』のベーシックスタンダードとも言える『海鮮丼』(800円)のヤケクソ盛り(プラス150円)で御座います。

海老、鱚(キス)、穴子に野菜が乗った一品で、初めて『豊野丼』に来た時に

「何を頼んで良いのか分からない」

みたいな時には、コチラの『海鮮丼』を頼みましょう。一通りの具が乗っているので『豊野丼』の実力を計るにはもってこいかと思われます。

toyono-kujira6_R

と、軽く『豊野丼』の大将と言うかオヤジをスルーしつつ、とりあえず『海鮮丼』を紹介してみました。

『豊野丼』を司る成分は多々ありますが、その7割は個性的な『豊野丼』の大将のキャラで構成されています。

とにかく喋る!

天婦羅を揚げながら喋り倒す!!

女性客が来たなら、更に3倍増しでセクハラトークを交えて喋りまくる大将ですが、もともとはシャイな性格で、その性格を治す為に店で喋るようになったと言う都市伝説があります。

大将の滑り続けるギャグを支える『トモさん』

toyono-tendon1_R

天丼と言えば『海老天丼』こそ至高の存在ではないでしょうか? そばで言えば”かけそば”に相当するベーシックスタンダードな丼で御座います。

こちらの『海老天丼』も800円とリーズナブルな価格設定にも関わらず、海老が二本入っています。

ついつい日替わりの限定丼や『海鮮丼』などを食べてしまいがちですが、一度はノーマルな天丼である『海老天丼』を食べて欲しいですね。

『豊野丼』の美味しいタレと海老があれば、他には何も必要ないと痛感する一品です。

toyono-tendon2a_R

超個性的な『豊野丼』の味を支える裏方、と言うよりは滑る大将のオヤジギャグを拾ってフォローする『トモさん』の存在は偉大です。

丼と言えば御飯ありきのメニューですが、豊野丼の美味しい御飯を綺麗に盛り付け、さらに

「天婦羅を貼り付ける」

と言う技術は、恐らく大将を上回る実力の持ち主でもあります。

そもそもが「天婦羅を貼る」とか、ちょっと意味不明ですが『豊野丼』の最終形態”ヤケクソ盛り”を肉眼で見ると、その言葉の意味が分かると思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。