ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

見覚えある“あの顔”もデザインされた!? カードリーダー&ライターシリーズ発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SD、miniSD、microSD、メモリースティック、xDピクチャーカード……と、カードメディアも多種多様になり、いったいどれが自分のPCで読めるメディアなのかわからなくなりそうです(ならないか)。

そんな悩みを一挙に解決してくれるのが、多メディア対応のカードリーダー&ライターです。今回、5月下旬にエレコムから発売されるこのシリーズは、ポップなステーショナリーのようなデザインで、デスクを明るくしてくれそうです。キューブ型とスティック型の2タイプ、それぞれ24~44種類のメディアに対応しており、PCとの接続・電源はUSB2.0ケーブルでOKですのでアダプタも不要。

しかも、なんだか見覚えのある顔(・ω・)の“かわいい”イラスト付きもあるようです。


キューブ型タイプには、44メディア対応の『MR-C14シリーズ(2415円、税込)』と24メディア対応の『MR-C15シリーズ(2100円、税込)』があり、それぞれブラック、グリーン、ピンク、ホワイトの4色が用意されています。サイズは幅・奥行・高さそれぞれ36mm(重さ24g)と手のひらに載るコンパクトさ。カードを縦に挿すことができるので、カードの着脱がカンタンです。PCとの接続用に、0.5mのUSB2.0ケーブルが付属しています。


スティックタイプは、44メディア対応の『MR-C16シリーズ(2415円、税込)のみ。キューブ型と同じ4色で展開しています。サイズは幅80×奥行30×高さ13.5mm(重さ26g)で、キューブ型よりちょっと大きめ? と思われるかもしれませんが、ケーブルを本体に収納することができるからこのサイズなんです。しかも、コネクタまできれいに収納できるので持ち運んで使うときにも良さそう。


スティックタイプは、ホワイトのみ“かわいいイラスト(by エレコム)”が入っています。なんだか見覚えのある顔なのですが、この顔のせいでちょっと欲しくなった自分が正直ちょっとくやしいです。(“顔”付タイプの写真も見る)。
 
 

■ほかにもこんなニュースがあります
ノートPCをおしゃれに“別持ち”できるバッグ『Betsumo』
イー・モバイルに聞きました「データ量って制限されるの?」
上り最大5.8Mbpsに強化されたイー・モバイル「D23HW」
サンワサプライから、1万円を切る価格の高性能ワイヤレスヘッドホンが発売
TEACよりiPod/iPhone対応高音質スピーカーシステム『SR-2B』発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。