ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

来年こそは遅刻しない、本気出す!アラームを止めるまでかなり大変な「cloudiss」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Cloudiss

「従来の目覚まし時計では絶対に起きられなかった」「冬は寒くて布団から抜け出せない」朝に弱い人に朗報だ。

数々の独自的なアイテムを提供しているCerevoが2015年11月に、「cloudiss(クラウディス)」を発売した。

cloudissは最大でiPhoneの3倍の音量で鳴り響き、止めるにはアプリで設定した強度と回数に合わせて本体を振らなければならない。

・機能やデザインを追及したスマート目覚まし

Cloudiss1

一見目覚まし時計には見えないデザインだが、その形状にも理由がある。底辺部は部屋のどこに置いても360°音が響き渡るようにアルミ削り出しになっているのだ。

また、革ストラップのおかげで、ドアノブや洗面台の横等、起床後の次の行動につながる場所に置ける。従来の目覚ましであれば、ボタン一つスワイプ一つで止められていたが、「cluodiss」は違う。

軽く縦にシェイクしただけでは止まらず、全力で振らなければ止まらない。寝起きに布団から出て、腕を思い切り振れば、眠気も吹き飛ぶだろう。

・自分のスケジュールに合わせて、設定可能

Cloudiss2

cloudissは、Googleカレンダーでスケジュールを登録しておきさえすれば、常にその日の予定の数時間前に起こしてくれる。

たとえば、午前10時からのスケジュールを登録しておけば、2時間前の午前8時に鳴りはじめる、といった設定も可能だ。

その際には、音声でスケジュールの読み上げもしてくれる。朝が弱い人だけでなく、不規則な生活時間をおくっている忙しいビジネスマンに役立ちそうだ。

cloudissは一度の充電で、20日間以上利用ができ、Micro USBケーブルで充電可能。公式ページより、1万2800円(税別)で購入ができる。

cloudiss

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。