ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年のネット 印象に残ったのはサルの「シャーロット騒動」 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も様々な出来事がネット上では発生した。毎年東京・阿佐ヶ谷のライブハウス、阿佐ヶ谷LOFT-Aでブロガー・投資家の山本一郎氏と「ネットニュースMVP祭」を2010年から行っているネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、今年特に印象に残っているネットで盛り上がったできごとは「高崎山自然動物園シャーロット騒動」だという。以下、中川氏が語る。

 * * *
 イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の間に長女・シャーロット王女が誕生しました。高崎山自然動物園では毎年最初に生まれた赤ちゃんザルの名前を公募し、ランキング1位の名前をそのサルにつけるそうです。こうした投票ってものは、その時に流行っている名前に引きずられる形でつけられるものです。投票の頃は、英王室の赤ちゃん「シャーロット」王女のことが頻繁に報じられていた時期ですから、かわいいサルにもその名前をつけることは人間の素直な行動様式としては理解できます。

 しかし、これに人々がかみついた! 「サルに王女の名前をつけるとは失礼だ!」ということですね。かみつくってお前らはサルかよ。完全に言いがかりでしかないのですが、高崎山自然動物園は困惑し、英国大使館に聞いてみるよ的な発言をするのですね。つーか、クレームつけた人々はパンダとかイルカとかネコに「シャーロット」とつけたら文句言ったのか? サル差別してるんじゃないの? とも思うわけですが、とにかく「不敬だ!」と言ってくる。高崎山自然動物園はネーミング変更も考慮したことでしょう。

 その後、イギリスの新聞がこの騒動を特にネガティブではない論調で報じたり、英王室広報が「名前をつけるのは自由だ」と発言したことにより、「シャーロット」のままになりました。クレームつけた人々は英国民や英王室の気持ちを忖度(そんたく)し、正義の行動に出たと思ったのでしょうが、結局当人から「別にそんなことどうでもいいんじゃね?」と梯子を外される結果となりました。この騒動に対しては元々クレームをつけた人々のことを「過剰反応だ」と批判する向きもあったのですが、まさに過剰反応でしたね。

 自分が正義である、との立場から怒りのクレーム鉄槌をくらわし、世直しをする気持ちになっている方々が案外多く、クレームをつけられた側も平身低頭でお詫びする。自分のやっていることがおかしくないと思ったのであれば、そこは「お客様の投票をもとに、私どもが決めたことですので、口出しは無用です」ぐらい言っていいのではないでしょうか。

 余談ですが、2位がお笑いコンビ・8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」にちなんで「ラッスン」だったので、数年後には一体何のことだったか分からなくなるかもしれないので、「シャーロット」で結果オーライです。シャーロットさんが大きくなれば、また高崎山動物園のシャーロットも思い出してもらえますからね。

 高崎山自然動物園では12月25日から「選抜総選挙」の投票企画を行なっています。AKBグループの総選挙と同様に、人気のサルを動物園とネットで投票する企画ですが、当然シャーロットが「センター」の有力候補となることでしょう。

 それにしても、山形県の鶴岡市立加茂水族館で3月に産まれたゴマフアザラシの赤ちゃんがひっそりと「エリザベス」になっていたことに対して、目立ったクレームが来なかったのには胸を撫で下ろしました。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
動物園の鳥の仕入れの値段 ワシ=350万円、キジ=7500円
11頭のパンダ育てた和歌山の動物園 成功の秘密に民間経営も
上野動物園でいちばんえさ代かかるのはパンダで1日11000円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。