ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年活躍した女優 個性派として注目度増した山口紗弥加も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も映画やドラマではさまざまな女優たちが活躍した。幅広い役柄を見事にこなした演技派、“今年もっともブレイクした姉妹”となった2人、個性派として注目作での起用が目立った中堅、などなど。コラムニストのペリー荻野さん総括する。

 * * *
 いよいよ2015年も大詰め。そこで今回は、今年頑張った女優と来年の動き予想をしてみたい。まず、筆頭にあげたいのが杏。
 
 東出昌大と結婚、芸能界屈指の大型カップル(見た目も)となった今年、月9『デート~恋とはどんなものかしら』では政府機関に勤める堅物公務員で、恋愛がよくわからない超合理主義者の主人公依子。

「かくし芸を」と言われて円周率を二万桁暗唱するようなすさまじい分量のセリフをこなし、笑わせた。そのすぐ後には池井戸潤原作ドラマ『花咲舞が黙ってない』で自分が務める銀行内の問題を指摘。相手に「黙れ」と言われて「黙りません!!」と胸を張る。その合間には時代劇『剣客商売』で女性剣士となって戦う。まさに大車輪の活躍。コメディからシリアスまで幅広くできる女優として来年以降も世界を広げそうだ。

 今年頑張った姉妹といえば、広瀬アリスとすず姉妹。アリスはNHKの『佐知とマユ』、フジテレビの『妄想彼女』など通ウケするドラマに出た後、『釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助』のみち子さんに。続編もありそうな予感。

 すずは『学校のカイダン』で謎の男(神木隆之介)に操られる女子高生。講堂で演説し、文化祭準備でしゃかりきになり、泣いたり叫んだり転んだり。この年代にしかできない学園型頑張りを見せた。今、空席の学園ドラマクイーンに名乗りをあげたといっていい。

 デビューから21年、今年いい味を出した個性派といえば、山口紗弥香。『ようこそ、わが家へ』では、大威張りのパワハラ部長(竹中直人)に暗い顔で反撃する女子社員役が素晴らしかった。今年は『リスクの神様』『コウノドリ』と続き、さらには『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』では、口の悪い女性警官役。北山宏光演じる速水刑事を思いっきり「チビデカ!」と呼んでいた。

『サイレーン』では、この人を忘れちゃいけない。菜々緒! 完全悪女橘カラとして平然と人を殺し、執拗にターゲットを追い回す。ボクシングが得意で男性刑事(松阪桃李)相手に殴るわ、蹴るわは当たり前。液体窒素のような冷たい微笑みを浮かべて銃も刃物も使いこなす。かつてドラマ『主に泣いています』で、妙に足の長い小泣きじじいのコスプレをしていた女優と同一人物とはとても思えない。アクション全開女優となった菜々緒は、2016年の新ドラマ『怪盗山猫』では、刑事役だ。つかまえる側に回ってどんなアクションを見せるのか。あの長い脚で回し蹴りされたら痛そう。山猫(亀梨和也)の無事を祈る。

 そして、締めくくりに来年の予想。三田寛子、小泉今日子、鈴木保奈美、斉藤由貴、財前直見、川上麻衣子、江角マキコ、吉川十和子、国生さゆり、安田成美、RIKAKO…彼女たちに共通していることといえば、16年に50歳になることだ。なんかみんな若っ!!

「みんなもこっち(五十代)においでよ、楽しいからさっ」と手招きするRIKAKOが目に浮かぶようである。ちなみに2015年に50代に突入したのは吉田美和、草刈民代、大桃美代子、沢口靖子、中森明菜など、どこか職人芸を感じさせる面々だった。

 年々層が厚くなる五十代女優陣。上司役、お母さん役だけじゃなく、王道のラブストーリーだっていけまっせ!という五十代女優たちの存在感は、来年、ますます大きくなりそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
内気な少女が女優に変わる 18歳美少女・有村架純を微笑み撮
「取り調べでカツ丼は出る?」など警察の実態を解説した一冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP