ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベスト外車2015「ジープの新型SUVは安価でお洒落」と識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年の日本の自動車マーケット。輸入車勢は今年も活発に新車を投入してきた。だが、“らしい”と思わせるようなモデルは意外に少なく、実用ミニバンのようなモデルが多かった。

 また、秋には欧米市場で露見した排出ガスに関する不正問題によるイメージダウンでフォルクスワーゲンが大幅な後退を余儀なくされるという負の話題も出てくるなど、決して平穏ではなかった。

 そんな輸入車セクターの2015年ニューカマーのベスト3を、自動車ジャーナリストの井元康一郎氏に選んでもらった。

●第1位/レネゲード(ジープ)

 ジープのコンパクトSUV「レネゲード」は、ファッション性重視のFWD(前輪駆動)とオフロード性能重視のAWD(4輪駆動)がある。

 とくにジープらしいのは最上位グレードのAWD「トレイルホーク」。オフロード車を名乗るミニマムラインの最低地上高200mmを確保し、オフロードの急勾配を下るときに便利なディセンドブレーキなど、その名のとおりトレイルドライビングを楽しむ仕様になっている。

 知人のアメリカ人ジャーナリストによれば、アメリカの山地の至るところに広がる本格トレイルコースでもジープ「ラングラー」などが走るハイレーティングルート以外なら、過酷なところも想像よりずっとイケていたとのことだ。

 丸目のヘッドランプに縦スロットグリルのフェイスをはじめ、全体のスタイリングがジープらしさを感じさせるのもポイントが高いところ。日本市場で輸入車を選ぶ意味があるのはブランド、乗り味、ファッション性。このなかでファッション性は文化が下敷きとなるため、独自性が一番出るファクターだが、レネゲードはそこが高ポイントなのが良いところだ。

 このレネゲードはクライスラーの親会社であるイタリアのフィアットが作るクロスオーバーSUV「500X」と兄弟車で、そちらも秋に日本デビューを果たした。

 500Xもファッション性は高いが、デザインアイコンの元になった500に比べるとちょっとぼってりとした印象がある。レネゲードのほうがいろいろな意味で潔さがあり、個人的には日本で乗るならレネゲードのほうがお洒落だと思われた次第である。FWDなら300万円を切り、AWDでも350万円弱と、輸入車としては安価なのも魅力だ。

●第2位/スマートフォーフォー(ダイムラー)

 ダイムラーの4人乗りミニカー「スマートフォーフォー」。同名のモデルはダイムラーが三菱自動車と提携していた時代にも存在したが、当時のモデルが三菱「コルト」ベースの普通のFWD車だったのに対し、復活した新型フォーフォーは排気量999ccという小型エンジンをリアに搭載し、ボディもぐっとコンパクト。

 とくに全長は3495mmと、軽自動車より10cmほど長いだけで、カーフェリーに乗せるときも軽と同一料金ですむほどだ。ただし車重は1005kgと、1トン切りにわずかに届かなかった。あと5kg軽ければ車検ごとの重量税も安くてすみ、まさに“ミニマルライフ”を気取れたのだろうが。

 このスマートフォーフォー、欧州では5速MTで乗られるのに対し、6速DCT(デュアルクラッチ自動変速機)を搭載しているぶん上乗せが発生しているのだが、それを勘案しても209万円から229万円というプライスタグは高価にすぎる。

 だが、デザインやカラーは街の中に出すとかなり目立つもので、欧州的なテイストはかなり強い。ファッション重視でみればかなりの“らしさ”だ。ちなみにルノーも来春には同じプラットフォームの「トゥインゴ」を出すそうで、そちらはフォーフォーより安価な価格設定になるという。

●第3位/V40 D4(ボルボ)

 ボルボのコンパクトモデル「V40 D4」。V40の日本デビュー自体は2013年と新しくはないが、今夏にディーゼルエンジン搭載グレードD4が追加されたのだ。

 最高出力190馬力の新型ディーゼルは日本の自動車部品世界大手デンソーの新世代燃料噴射装置「i-ART」を使って作られているのだが、運転してみるとパワー感、切れ味ともに申し分ないものだった。

 V40は昔のボルボのイメージとはまるで異なる俊敏なハンドリングを持っているが、パワフルなディーゼルはその性格に非常によくマッチしていた。8速ATは同じく2リットルディーゼルをラインナップするBMWに比べるとややダルだが、性能的にはこちらも十分だった。ノイズも車外では大きいが、車内は遮音性が上げられていることもあって、とても小さなものであった。

 経済性も優れている。筆者は同じエンジンを積んだミドルクラスワゴンの「V60」で東京~鹿児島を往復してみたが、猛暑の中を燃費を気にせず走っても長距離で20km/L弱くらいは走った。

 V40はV60より140kg軽いので、実走行燃費をさらに伸ばせる可能性がある。レギュラーガソリンが95オクタンの欧州で作られたモデルの多くは日本の92オクタンガソリンでは走れないので、ガソリンだと必然的にハイオク仕様になる。軽油とハイオクの価格差は場所によっては1リットルあたり40円ほどにも達するので、燃費とのダブルパンチで走行コストは大差がつく。

 フォルクスワーゲンの排出ガス不正でディーゼルそのものを忌避するような意見も見受けられるようになったが、不正をせずに排出ガス規制に適合しているのであれば、別に後ろめたさを感じる必要はない。欧州Cセグメントのディーゼルに乗ってみたいという人にはうってつけの1台だろう。

 ここでトップ3以外の番外編を紹介しよう。ドイツの部品メーカーのシェフラーとコンチネンタルが共同でフォード「フォーカス」の1リットル3気筒ターボ(125馬力)をマイルドハイブリッド化したテストカーに乗る機会があった。

 15kW(22馬力)のモーター兼発電機と48V、10Ahのリチウムイオン電池パックという電動パワーソースの能力はホンダ「CR-Z」のハイブリッドシステムとほぼ同等。それを欧州モードで1kmあたりのCO2排出量117gのフォーカスに実装し、エンジンにほぼ手を加えないまま同95gにまで削減したという。95gといえば、フォーカスより200kg以上軽い1世代前のハイブリッドカー、ホンダ「インサイト」よりも優れた数値なのだ。

 この“ポン付け”ハイブリッドをドライブしてみたのだが、そのフィールは予想をはるかに上回る良さだった。

 変速機はマニュアルだったが、クラッチがバイワイヤー(リモートコントロール方式)の半自動式で、スロットルを閉じて空走すると自動的にクラッチが切れてエンジンが停止し、フルハイブリッドカーのようにガソリンを使わず、エンジンブレーキもかからないままスーッと走行距離を稼げてしまうのだ。

 アクセルやブレーキを踏むと自動的にクラッチがつながり、エンジンがかかるのだが、そのときのショックも皆無に近かった。2016年にはまず欧州でこのシステムを搭載する低コストハイブリッドモデルが出始めるという。車種はまだ発表されていないが、その登場が楽しみだ。

撮影■井元康一郎(ボルボのみ)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フォークの神様・杉下茂「バットに当てられたのは1回くらい」
【東京モーターショー】軽の威信かけるスズキとPテール美女
オヤジ化するアラフォー女を分析した書 地雷ワードも紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP