ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最も美しいイタリアの庭園はどこ?絶景と癒やしのパワースポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Edicolante「イタリアのパワースポット!地上の楽園 ニンファの庭園 ローマから日帰りできる街セルモネータ」

こんにちは。イタリア在住15年、TRiPORTライターのEdicolanteです。
今回はイタリアの出版・旅行会社の「Touring Club Italiano(トゥーリング・クラブ・イタリアーノ)」主催のアンケート投票によって、2015年「Il parco più bello d’Italia(イタリアの最も美しい庭園)」に選ばれた2つの観光スポットを紹介します。

私も旅をするとき参考にしているガイドブック、サイトを制作している会社が協賛している「Il parco più bello d’Italia」にて、旅好きの参加者の1000人以上が選んだ庭園です。今年でこのコンテストも13回目。私もお気に入りの場所なので、自信を持ってオススメします!

ニンファの庭園「Giardino di Ninfa」(プライベート部門)

ニンファの庭園は、イタリア中部、ラツィオ州南部、チステルナ・ディ・ラティーナ(Cisterna di Latina)にあるイギリス式庭園。ローマ帝国時代にはニンファ(Ninfa)の神殿があった場所で、14世紀末以降に見捨てられていた中世の町を、1900年前後にカエターニ家が庭園に改造しました。現在でも塔や館、教会の跡が残っています。

ここには珍しい鳥類が生息し、世界中からコレクションされた珍しい植物が植えられています。たくさんの花や草木が彩る緑のオアシスです! 吸い込まれるように透明な水が流れ、水音を聞いているだけでも心が落ち着きます。

遺跡の石の色と自然色の調和が素晴らしく、ミステリアスな雰囲気。古代ローマ人も神聖な場所としていたニンファの庭園に、癒やしのパワーをもらいに行ってみませんか? 近くにあるセルモネータというかわいい小さな街も観光スポットとして人気があります。

ニンファの庭園の公式サイトはこちら(英語・イタリア語)

Photo credit: Edicolante「イタリアのパワースポット!地上の楽園 ニンファの庭園 ローマから日帰りできる街セルモネータ」

ニンファの庭園への行き方
ローマから電車でラティーナ駅まで35分ほど。そこから車で10分。
住所: Via Provinciale Ninfina, 68、04012 Cisterna di Latina Italia
4月〜10月の月始めの土日だけ開園。
開園時間 9:00〜12:00 / 14:30〜18:00 (7〜9月 9:00〜12:00 / 15:00〜18:30、10月 9:00〜12:00 / 14:30〜16:00)
入園料 12ユーロ

ヴィラ・メディチの庭園「Giardino di Villa Medici」(公園部門)

Photo credit: Edicolante「ローマにあるメディチ家の豪邸とイタリア式庭園の大展望に感動!」

ヴィラ・メディチの庭園は、ローマのスペイン広場を上ったピンチョの丘のメディチ家宮殿内にあります。ここから見えるローマとルネッサンス期の豪邸、そして庭園の景色は、世界のどこを探しても類を見ないほどの絶景です。

モンテプルチャーノのジョヴァンニ・リッチ枢機卿の甥がこの土地を購入し 、枢機卿フェルディナンド1世・デ・メディチが取得。現在はフランス国有で、在ローマ・フランス・アカデミーの所在地になっています。ナポレオンの頃にエトルリア王国のものとなった後からフランス所有のままなんですね。

この邸宅が作られる前、この辺りはブドウ園で古代ローマ時代はルクルスの庭園の一部でした。現在でも7ヘクタール以上の16世紀の素晴らしいイタリア式庭園を観ることができます。庭の垣根の角ごとに背の高い胸像が配置され、なんとその数72体!この胸像はローマで言い伝えられている伝説の神様たちです。建物もイタリア式庭園も左右対称に作られており、真ん中にローマらしいオベリスクがあるのが印象的でした。

ヴィラ・メディチの公式サイトはこちら(英語・イタリア語・フランス語)

ヴィラ・メディチへの行き方
地下鉄では、A線のスパーニャ(Spagna)駅を下車後、Trinità dei Montiの階段(もしくはエレベーター)を上り、左に曲がる。
バスの場合は117番のミニバスに乗り、Trinità dei Montiで下車。
住所: Viale Trinità dei Monti, 100187 Roma

入場時間30分前にチケットを購入
1時間半のガイド付きツアー(12ユーロ)
日曜日は子供連れの家族対象のツアー(6ユーロ)や、普段は入れない場所も公開してくれるツアー(15ユーロ)もあります。
イタリア語、英語、フランス語で時間割があり、月曜日は休館。特別休館日もありますの事前に確認しましょう。

自然を愛していた昔の人にならって、ゆっくりと緑の中を散歩する旅も、たまにはいいのではないでしょうか。

ライター:Edicolante
Photo by: Edicolante「ローマにあるメディチ家の豪邸とイタリア式庭園の大展望に感動!」

イタリアの旅行記はこちら

*Edicolante「イタリアのパワースポット!地上の楽園 ニンファの庭園 ローマから日帰りできる街セルモネータ」
*Edicolante「ローマにあるメディチ家の豪邸とイタリア式庭園の大展望に感動!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP