体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅がスマートに!スウェーデンの通貨・両替・チップ情報

Photo credit: Maika Togashi「可愛くてすてきな国スウェーデン!首都ストックホルム滞在記」

Photo credit: Maika Togashi「可愛くてすてきな国スウェーデン!首都ストックホルム滞在記」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
北欧の国スウェーデンには、ついつい夢中になってしまう魅力がいっぱいです。可愛くてユニークなアイディアが乙女心をくすぐる雑貨や小物、夜空に魅惑的な光の芸術を映し出すオーロラ。
そんな素敵な国、スウェーデンを満喫するためには通貨やレート、両替についてもしっかり把握しておきたいですよね。
今回は、スウェーデンで使用されているクローナ紙幣やコインについてご紹介します。ぜひ旅の参考にしてくださいね!

スウェーデンの通貨「クローナ」とは

スウェーデンでは、通貨として「クローナ(krona)」が使われており、略号では「Kr」や「Skr」「SKE」と表記します。1クローナは、約14円です(2015年12月現在)。
一番大きな額の紙幣1000クローナは、一般的なお店などではあまり使われることがありません。そのため、小さな商店などではおつりに困ったり使用するのを断られたりするので、両替する際には1000クローナより小さい額にしておくと便利です。

クローナ通貨の種類

紙幣の種類

20kr、50kr、100kr、500kr、1000krの5種類

Photo credit: Tony Webster via flickr cc

Photo credit: Tony Webster via flickr cc

コインの種類

1kr、5kr、10krの3種類

Photo credit: Philipp via flickr cc

Photo credit: Philipp via flickr cc

新通貨導入の準備中

現在スウェーデンは通貨の移行期で、新紙幣と新コインを導入するための用意を進めています。2015年10月には20、50、200、1000クローナ紙幣が新しく導入され、2016年10月には100、500クローナ紙幣と1、2、5、10クローナコインも導入されました。
2016年6月30日には旧紙幣の20、50、1000クローナ、2017年には旧紙幣100、500クローナと旧型の1、2、5クローナコインの使用中止が決まっていますので、手元にこちらの旧紙幣をお持ちの方は要注意です。

通貨と為替レート

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-2thk{background-color:#c0c0c0;text-align:center}
.tg .tg-s6z2{text-align:center}

通貨名
略号
販売レート
(日本円→外貨)
買取レート
(外貨→日本円)

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。