ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人も楽しめる、〝アートな”ジャングルジム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たちの多くがイメージするものとは、あまりにかけ離れたジャングルジムを本場(?)アメリカで発見。そのビジュアルは、もはやアートと言っていいほどデザイン性に富んでいます。これなら、子どもを見守る親だって退屈せずに楽しめるはず!

もはや“体験型アート”
【Columbus Commons】

「コロンバス コモンズ」の屋内公園。幅広い年齢層の利用を想定して設計されたようで、公式HPには「遊具と子どもが生み出す相乗効果の可能性を広げるもの」と説明されています。

伸縮性のあるネットで覆うことで、安全性と機能性を両立。

【Terry Lee Wells Nevada
Discovery Museum】

ネバダ州リノのディスカバリー博物館。その中に「Cloud Climber」はあります。

天井の高さまで到達する“雲”をモチーフとしたジャングルジムには、「環境について学ぶ」という要素も含まれているのだとか。

【Mountains Edge Park】

ラスベガス郊外には、赤い輪がメインフレームとなったジャングルジムが。アメリカ西部の豊かな自然との共演が“粋”ですね。

これらはすべて、Luckey LLC が製作したもの。こんなにオシャレで楽しそうな遊具、子どもの頃にぜひとも欲しかった!

 Licensed material used with permission by Luckey

関連記事リンク(外部サイト)

北朝鮮の女性の写真を撮り続けたら、あるコトに気がついた・・・
【今年も泣ける。】頑張る受験生に、カロリーメイトが送ったメッセージCM
【この発想はなかった!】野外での使用が、とっても危険な寝袋

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP