ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金持ち外国人観光客増やそうと会議する日本人は金持ちと無縁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年の日本経済は、為替が1ドル=120円台前半を維持し、日経平均が約2000円上昇して2万円台に接近した1年だった。爆買いや中国経済など、2016年の経済を左右する諸要素を、ぐっちーさんこと投資銀行家・山口正洋氏、慶應義塾大学ビジネススクール准教授・小幡績氏、双日総研チーフエコノミスト・吉崎達彦氏らの3人の経済論客が意見を戦わせた。

吉崎:心配なのは、中国経済の減速くらいですよ。中国の需要減で鉄鋼業界は大変ですが、だからといって中国人の「爆買い」が減るわけではない。インバウンド(訪日外国人客)はもともと800万人規模だったのが、2015年は1900万人超えが確実視され、アウトバウンド(日本人の海外旅行客)を逆転する見通しです。

 たとえば静岡空港は「誰も使わない」とボロクソに批判されてきましたが、今は中国便を中心に週47便も飛んでいる。それも西安、武漢、長沙といった内陸部から。観光バスまで足りなくなっていて、この傾向は当分続くんじゃないかな。

山口:だって中国には年収3000万円超の人口が日本の総人口とほぼ同じ1億人いるんですよ。多少経済が減速しても、ケタが違うんだから、なくなるわけがない。

小幡:中国経済は二重構造になっていて、これまでは世界の工場として発展し、中所得者が増えて世界の消費地になったが、今はそのモデルから成熟経済への移行期にある。世界の低価格工場、大量消費地という部分は縮小しつつあり、ハイテク企業の勃興、高所得者のサービス消費が台頭している。このような構造転換と整合的な政策として、人民元をIMF(国際通貨基金)のSDR(特別引き出し権)構成通貨にして国際通貨とするなど、着々と成熟国家を目指している。

山口:その通り。移行期にあるから、確かに沈んでいく材料を見れば中国経済は「悪い」となるけど、進んでいるところは日本よりはるか先に行っている。アシックスの「メタラン」という最高級のランニングシューズがあって、1足3万円近くするんですが、その売り上げの80%は中国人だそうです。日本人がなかなか手を出せないのに、中国人にはバカ売れなんですよ。

小幡:えー、中学生の時からアシックスファンだけど、知りませんでした。

山口:日本はインバウンドを増やそうとしているけど、その前に泊まるところを何とかしろよといいたい。外国人のお金持ちが泊まるようなホテルは本当に少ない。だいたい彼らは日本でどれくらいお金を使う気で来るか知っていますか?

吉崎:100万円くらい?

山口:1日で、ね。なのに日本では彼らの消費意欲を理解していないから、彼らを満足させられるホテルも限られている。インバウンドを増やそうと会議を重ねている日本人はお金持ちとは無縁の連中ばかり(笑い)。

吉崎:日本の産業構造は製造業が中心で、外側に商社など非製造業があって、おまけみたいな形で観光業があるから、どうにも力不足。観光は明らかに成長分野だし、富士山や京都のお寺をいくら見せても減るもんじゃない。しかも日本を好きになるから平和にも貢献する。いいことずくめですよ。

山口:だいたい「観光省」がないでしょう。宣伝についても、韓国では政府が韓国の人気俳優などの肖像権を一括で握っているから、観光広告で彼らの画像を使い放題なんですよ。

小幡:逆に日本のいいところは中身がしっかりあって、売り方が下手なだけだから、むしろこれから伸びる余地があるといえる。

山口:日本はいつまで経っても「深窓の令嬢」だから、奥にこもっていて、よく見たらキレイということがよくある。でも、それだけじゃダメですよ。

●ぐっちーさん(山口正洋)やまぐち・まさひろ/投資銀行家。1960年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅入社。その後、モルガン・スタンレーなど欧米の金融機関を経て、投資会社を設立。M&Aから民事再生、地方再生まで幅広く手がける一方、「ぐっちーさん」のペンネームでブログを中心に活躍。著書に『ぐっちーさん 日本経済ここだけの話』(朝日新聞出版刊)など。

●小幡績 おばた・せき/慶應義塾大学ビジネススクール准教授。1967年千葉県生まれ。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(現・財務省)に入省。1999年退職。一橋大学経済研究所専任講師などを経て、2003年から現職。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)委員も務めた。著書に『円高・デフレが日本を救う』(ディスカバー携書)など。

●吉崎達彦 よしざき・たつひこ/双日総研チーフエコノミスト。1960年富山県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、日商岩井入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員や経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て2004年から現職。著書に『アメリカの論理』『1985年』『オバマは世界を救えるか』(いずれも新潮社刊)など。ブログ『溜池通信』は貿易統計から米大統領選まで解説する人気サイトだ。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国「尖閣諸島を奪取しても、米は経済制裁まで」と想定か
ラオス人 中国人は乱開発し都合悪くなるとすぐ逃げると批判
経済制裁で日本製品が入らなくなったら困るのは中国の方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP