ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7万部配布の『路上脱出ガイド』 家と仕事がある人にも有用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年の瀬になると、路上生活者の越冬対策や協力するボランティア活動がニュースで報じられる。ご関心のある方は、今年はこんなことをしてみてはいかがだろうか。コラムニストのオバタカズユキ氏が紹介する。

 * * *
 毎年、年末になると「また都合がつけられなかった……」と悔やむことがある。いわゆるホームレスやネットカフェ難民などの年越しを支援する炊き出し活動に参加したいのだが、ここ10年以上なかなかそれを叶えられずにいるのである。

 なんでそんなことが気になるのかは後述するとして、今年もバタバタで炊き出し参加断念という感じだ。そのかわりに(という言い方は間違いかもしれないけれども)、関連情報を見つけたので拡散の手伝いをしたい。

 私が購読しているメールマガジンのひとつに、ソーシャルワーカーや対人援助職向けの『ソーシャルワークタイムズ』がある。その最新号の冒頭に掲載されていた記事が、かなり興味深かったのだ。

 記事の書き手は、同メルマガに初めて寄稿したというビッグイシュー基金のチーフコーディネーター・澤正輝氏。都会の街角で路上販売されている雑誌『ビックイシュー』をご存知の方は少なくないと思う。ビッグイシュー基金は、あの雑誌の発行元を母体に設立されたNPO認定法人で、澤氏によれば、〈路上生活者を含めた誰もが生きやすい社会の実現を目指している〉。

 そして、澤氏は、〈初回はビッグイシュー基金が発行している『路上脱出ガイド』のことを紹介します〉と筆を進める。〈路上から脱出するために必要な情報をコンパクトにまとめた、40頁ほどの冊子で〉、〈2009年から配布を開始し、今日までに全国各地で約70,000部配布しました〉という。

 この方面の話題はなるべくチェックしてきたつもりだが、恥ずかしながらそんな小冊子があるとは知らなかった。無料配布物とはいえ、約70,000部とは立派なロングセラーだ。〈しばらくは夜回りなどでの配布が中心でしたが、もっとたくさんの当事者に届けたいと思い、最近では公共図書館での配布やインターネット広告Google AdWordsを使った配布にも力を入れています〉とのことである。

 さっそく実物を見てみたい。冊子の紹介サイトのリンクが貼られていたので、入手方法を確かめようとクリックしたら、その小冊子をまるまるPDFでダウンロードできるサイトにすぐつながった。「路上脱出ガイド」の検索で上位表示されるはずだから、読者のみなさんも覗いてみてほしい。

 このサイトからダウンロードできるのは、『路上脱出ガイド』の東京23区編、福岡版、名古屋版、札幌版、熊本版の5種。ダウンロードはできない大阪編も含め、『路上脱出ガイド』はすべて送料のみの負担で希望者に送ってくれるそうだ。

 東京在住の私は、さっそく東京23区編をダウンロード&プリントアウトした。A4用紙で表紙も中身も一気に計27枚印刷できる。かなり文字が大きくなるが、この小冊子を必要とする人の中には老眼が進んでいるのに専用眼鏡がない人もいる、と想定しているのだろう。テキストの大半は総ルビ(すべての漢字にふりがなが付いていること)処理が施されており、一人でも多くの人が労せず情報を得られるよう気遣われていることが分る。東京23区編は、以下の「はじめに」から始まる。

〈生きていく上で、不安定なこの社会において、住まいを失うことは誰の身にでも起こりうることです。 
 この小冊子は、路上生活を余儀なくされている方、ネットカフェで寝泊りしている方など、住まいがなくて困っている人、また路上生活になる恐れのある人が活用できるサービスをお知らせするものです。
 今のあなたの状況に合わせて、これらの情報をお役だてください。
 今、つらい状況にいる方の明日への道しるべになることを願います〉

 そう、住まいを失うことは誰の身にも起こりうる。そのリアリティがある人とない人との感覚差が大きなことは知っているが、どんな大企業の正社員だってリストラ無縁では決してないし、心身を壊せばそれまで順調だった仕事も家庭もあっけないほどに崩壊しかねないのが、現代社会というものだ。

 私がホームレス問題を気にしたり、炊き出しに参加したくなったりするのは、自分の中に、いつ路上生活者になるか分からないという不安感があるからである。フリーランスは、数か月後の人生が見えなくて当たり前の身分なので、この職について四半世紀、ホームレスを目にするたびずっと「ヒトゴトじゃない」と感じ続けてきた。

 炊き出しに参加したいというのは、正義感でも社会貢献意識でもない。そんな立派な動機ではなく、いつか自分が路上生活を余儀なくされたとき、それでも絶望せずに生きていける世界があるというリアリティも欲しいからである。この感覚は、歳を重ねるほど強まっている。現実がどんなものか分かってくるほどに、自分の非力さも実感させられるのである。

 仕事がまったくなくなった時のために、せっせと貯金はしてきたが、いつ自分の気が迷って巨額の負債を抱えないとも限らない。家族とのつながりを疑うわけではないけれど、いざという時、頼りにしたいから家族生活を営んでいるわけじゃない。その発想になった瞬間、それは病理的な家族関係に変わると私は考える。根っこの根っこは各自独立独歩なのだ。友人関係も、当然、そうだ。

 こうした人生観や家族観を他人に強いるつもりはまったくないが、もしものときのサバイバル方法を知っておいて損はない。そのサバイバル方法は、思想信条を問わないシンプルなものばかりだ。例えば、『路上脱出ガイド』東京23区編のもくじはこうなっている。

1. 路上に出てしまったとき
 1 食べものがないとき
 2 体調がわるいとき
 3 相談したいとき
 4 民間で支援を行っている団体
 5 行政の支援

2. 路上から抜け出したいとき.
 1 生活に困ったときに使えるサービス
 2 仕事を探したいとき
 3 生活保護の申請について
 4 今すぐ仕事をしたいとき
 5 スポーツや文化の活動

3. 路上に出ないために
 1 住まい・労働など分野別の相談先一覧
 2 法律相談が必要なとき
 3 その他の相談をしたいとき

 各ページには説教めいた文言はもちろん、励ましの言葉のようなものも一切ない。無味乾燥というわけではないが、客観的な情報提供に徹している。もしものときに頼れる存在の場所と連絡先、相談方法とその仕組みが詰めこまれている。また、ホームレス状態にある人たちも文化的に生きられるよう、東京23区編には英語クラブやホームレスサッカー、路上文学賞の案内もある。じっくり読み進めると、「もしも……が来ても、きっと大丈夫」という安心を私は少し得ることができた。

 この『路上脱出ガイド』は家と仕事がある人も、1冊お守りとしてお勧めだ。東京、福岡、名古屋、札幌、熊本の各方面の在住者は、PDFをダウンロードさせてもらい、携帯端末に入れるなり、印刷なりしておくが吉だろう。

 私は、自分用の他に、とりあえず5冊ぶん印刷してクリップで止め、小冊子ふうにしてみた。それらを明日の夜中にでも街中にリリースしようと思う。ホームレスやネットカフェ難民も、事情や心情は人ぞれぞれである。失礼になるかもしれないので直接手渡しはしない。彼らが通りそうな道の電柱にひっかけたり、使用しそうな公衆トイレに置いたり……まあ、具体的なやり方はローカルルールにのっとって、だ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
7500人の路上生活者 そのうち3.5%の260人が女性という統計
福島、八丈島、電車、都内…あらゆる場所から富士を眺めた本
路上観察学会 マンホールの蓋の観察、オナラの音の記録行う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。