ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開運財布コンサルタントが教える買い替えのベストタイミング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 財布によって金運が変わってくるとよくいわれるが、いったいどういう財布を使えばいいのだろうか。著書『お金と幸運を引き寄せる!魔法の開運財布術』(宝島社)がある開運財布コンサルタントの佳山知未さんに話を聞いた。

 まず、気になるのが財布買い替えのタイミング。

「財布の寿命は約1000日、約3年と覚えて。3年経っていなくても、形崩れや傷が目立つ場合は買い替えを。さらに最近出費が多い、貯金が増えないなど金運がないと感じた時も替えたほうがいいですね」(佳山さん。以下「」内同)

 では、金運を遠ざける色は何色なのだろうか?

「ズバリ、赤や青の財布です! 赤は“火の気”が強いのでお金が燃えてなくなってしまいます。また青もお金を流してしまう色とされているので注意を」

 ということは、今、赤や青の財布を愛用している人は買い替えるべき?

「いいえ。今のが気に入っていて、安定した収入があり、お金に困ってないなら問題なし。今すぐ買い替える必要はありません。買い替えのタイミングと同じで、金運がない感じがしたら、次は違う色の財布を選ぶといいですね」

 一方、恋愛に効く財布とはどんなものか。

「恋愛運アップならピンク、出会い運アップならオレンジ。デザインは、いい縁を引き寄せるチェーン付きや、リボン付きがおすすめ」

 子供に持たせるなら何色?

「男の子なら緑色を。木の象徴である緑はすくすく賢く育ち、管理能力も身につける。女の子は女性の運気をあげるピンクを選んで」

 今使っている財布を捨てる時はどうすればいいのだろうか。

「新しい財布を買ったら、古い財布は白い布や白い紙に包んで処分を。神社やお寺で供養してもらってもOK。形見など思い出の品の場合、無理に捨てる必要はありません」

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金運アップにはお金の保管法が大事 財布も定期的に買い換えを
店員の「悪い念」が込められたお釣りを使うと金運がダウンする
風水で財布選ぶ小森純 長財布にしてから馬券で29万円ゲット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。