ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】書評サイトHONZ代表・成毛眞氏が薦める今年の3冊

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「年末年始はゆっくり本を読みながらすごしたい」そんな方も少なくないのでは。そこで、書評サイトHONZ代表、インスパイア取締役ファウンダーの成毛眞さんが選ぶ、2015年のベストスリーをご紹介。
 
 
【1】『冒険歌手 珍・世界最悪の旅』山口恵以子著/山と渓谷社
 女性シンガーによる空前絶後の冒険記録。今年読んだ最高のエンターテインメントだ。リア充だった彼女が選んだのは奇人としての生き方だった。彼女の行き当たりばったりの旅はまだ終わっていない。読むことが冒険の本。他に成毛さんがお薦めする2冊は、以下。

【2】『偉人たちの最高の名言に田辺画伯が絵を描いた。』水野敬也 絵・田辺誠一/朝日新聞出版

【3】『時を刻む湖 7万枚の地層に挑んだ科学者たち』中川毅/岩波科学ライブラリー

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヨン様 いまでも会見に650人の日韓報道陣集める力
田辺誠一のLINEスタンプが3000万円売り上げて芸能人続々参入
【キャラビズム】建設業者は人不足、ネットカフェには人一杯

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。