体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡空港で買いたい!食べたら思わず笑顔になる、おすすめの銘菓・スイーツお土産

帰りがけに買える、福岡空港内おすすめのおみやげ[スイーツ編]

旅行や出張など、遠方に出かけた際に頭を悩ませるのがおみやげ。買おう買おうと思いつつ、「今買ったら荷物になるし」と後回しにした結果、買う時間がなくなってしまったりすることも…。

そんなときには、空港みやげがありますよ! その土地のおいしいもの、人気の物が豊富に取りそろえてあります。また、帰りがけに購入できるので、観光の方はおみやげを持ち歩く手間が少なくなります。

とはいえ、豊富すぎて何を買っていいのか迷ってしまう…という方も多いのでは?そこで今回は、福岡空港のおみやげからおすすめスイーツをご紹介します。旅行なら博多の屋台や太宰府天満宮、ビジネスなら天神のある福岡市など、公私にかかわらず訪れたくなる名所へ行くのに便利な福岡空港。

全国的に有名なものから、地元で人気のスイーツなど、渡す人の好みを考えて選べる逸品ぞろいですよ。

博多通りもん(明月堂)

はずせない博多みやげの定番と言えばコレ

博多通りもん(明月堂) とろける風味とミルクの香りはまさに“西洋和菓子” 博多通りもん(明月堂) 12個入り 1,480円(税込)

福岡・博多を代表する和スイーツ、明月堂の「博多通りもん」。もはや福岡みやげの定番!全国でも有名なこちらのスイーツは、空港内でも購入可能です。

「博多通りもん」は、まんじゅう発祥の地・博多に伝わる和菓子の伝統技術に、生クリームやバターなど西洋菓子の素材を組み合わせた和洋折衷のスイーツ。まろやかな風味と上品な甘さの白あんを、やさしいミルクの香りの洋風のまんじゅう生地が包み、とろけるような味わいに仕上げています。

ところで、商品名の「通りもん」って何?という方も多いのでは。「通りもん」は、福岡市で毎年5月3日~4日にかけて行われる賑やかなお祭り「博多どんたく」と関係があります。このどんたく衣装に身を包んで町を練り歩く人々のことを古くから「通りもん」と呼んでいたそうです。

洋風の香り漂うまんじゅうを、ハイカラなどんたく衣装に見立てた「博多通りもん」。博多ならではのしゃれっ気たっぷりのスイーツは、誰にでも喜ばれること間違いなしですよ。 博多通りもん(明月堂)

空港内購入場所/BLUE SKY第1ターミナル出発ロビー店 第1ターミナルビル2階 搭乗口横など

TEL/092-623-3426

料金/6個入り 730円(税込)、12個入り 1480円(税込)、16個入り 1960円(税込) など

「博多通りもん(明月堂)」の詳細はこちら

クランチショコラバー(博多風美庵)

味はもちろん、ビジュアル&配りやすさも◎!

クランチショコラバー(博多風美庵) 赤・紫・オレンジとそれぞれのフルーツの色合いも鮮やか! クランチショコラバー(博多風美庵) 手に取りやすいサクサクのクランチチョコです

特にオフィスへのおみやげは、配りやすさと賞味期限がポイント!そんなビジネスマンにもおすすめのおみやげが、博多風美庵の「クランチショコラバー」です。

賞味期限は製造から180日と長めで個包装のため配りやすく、大人数のおみやげにはもってこい!

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。