体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1,500年前の洞窟に泊まれる!トルコにある、カッパドキアの不思議なホテルが気になる件

こんにちは!yutamukuです!皆さんはカッパドキアに訪れたことはありますか?

カッパドキアは、トルコの首都アンカラの南東に位置するアナトリア高原の地域一帯を言います。「妖精の煙突」呼ばれる独特の地質であり、円錐状の岩々が美しい土地です。

 

そんな、カッパドキアに洞窟ホテルというホテルがあり、それがとても人気の宿泊施設となっております。洞窟ホテルという響きを聞くとなんだかおどろおどろしい雰囲気がありますが、決してそんなことはなく、面白いホテルなんです!

そこで、今回は皆様にカッパドキアの洞窟ホテルについてご紹介したいと思います。

 

洞窟ホテルはどうしてできた?

8082255474_47100716be_b

photo by Moyan_Brenn 

洞窟ホテルは、5、6世紀ごろに造られた洞窟の部屋をホテルに改装したものです。壁にある穴ぼこは洞窟部屋の跡というわけです。そこに建物と合わせて、この不思議なホテルが出来上がったのです。

この洞窟部屋は全部で27部屋あり、本当に当時の洞窟をそのまま利用した部屋から、19世紀に造られたギリシャ様式の建物の部屋までいろいろな様式の部屋で構成されております。

全ての部屋がトルコのアンティーク調の内装が施されており、非常に落ち着いた雰囲気です。

ホテル内部はまるで迷路の様!

cappa4

photo by www.youtube.com

洞窟ホテルの中は非常に入り組んでおり、細い廊下を歩いて行ったり、上ったり下ったりを繰り返す必要があります。通常のホテルにはない、その道のりはまるで本当に洞窟の中を探検しているかのようです。

特に、小さな子供であれば、このホテルの中だけで1日中探検して遊んでいられると思います。

 

白を基調とした室内

cappa8

photo by www.youtube.com

洞窟の部屋については、基本的には白を基調とした部屋になっております。また、床はフローリングを引いておりますので、洞窟の中だからと言ってゴツゴツとした床ではないので、快適に過ごすことが出来ます。

また、室内にある、トルコアンティーク家具が非常に美しく、改めてトルコに来ているんだという気分を噛みしめさせてくれます。

 

オーシャンビューならぬアナトリア高原ビュー

cappa2

photo by www.youtube.com

洞窟の壁に囲まれたお風呂からは、広大なカッパドキアのアナトリア高原を見ることができ、ゆっくりとお風呂に浸かることが出来ます。

外は崖となっているので、このお風呂を周りから除かれる心配もありませんので、存分に満喫してもらうことが出来ます。

 

このような空間のあるお風呂も

cappa6

photo by www.youtube.com

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。