ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マカオのカジノで、僕が一文無しになるまでの連敗物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、旅人美容師のKOHです。

外国には日本にはない楽しい場所が沢山あり、外国人から見た日本もまた普段目にしない楽しい場所が沢山あるでしょう。

そんな日本にはない場所といえばまず思い浮かぶ場所こそが、カジノ。

筆者はカジノの遊び方も全く知らないまま22歳でカジノデビューを果たしました。最初は行きたくて行ったのではなく呼ばれたんですよね・・・(理由は後述)

いままでに2カ国3カ所のカジノへ行き、もはや奇跡のような「連敗」を果たしてるこの超常現象をご紹介します。 みなさんの何かしらの参考になればと思います。マネしてもいいですよ!

 

カジノデビューは突然の出来事

photo by Roxanne Ready

時は、セブ島マクタン国際空港出国チェックインカウンター。

出国税である700ペソ支払いのため、財布には1000ペソのみを残し、日本へ帰国しようとチェックインカウンターで航空券を提示。すると、空港職員は言いました。

「おまえの飛行機は昨日飛んだよ!haha」

空港職員の表情、それはそれは笑顔でした、楽しそうでした、筆者は白眼でした。

 

手元に残された1000ペソ。航空券など買えたもんじゃありません。(1000ペソは、2015年12月28日現在日本円にして2551円です。)

クレジットカードを断固として持たない意地が裏目に出ました。 このままセブ島で生きていくことしか考えていませんでした。

そんな絶望的な状況、しかし無一文になったワケではなく1000ペソは手元にあるのです。 そして空港を出てふと見上げてみると、目の前にはなんと…

 

ウォーターフロントマクタンホテル&カジノ

photo by KOH

空港から直結、徒歩10秒! そう。人生初のカジノは行きたくて行ったのではありません、呼ばれたのです。

もちろん下調べも無し、24時間営業なので朝6時でも優雅に入場できました。ドレスコードは無くローカルのカジノという感じ。

時間帯のせいかスロットしか稼動していないので必然的にスロットの台に座りました。

スロットは日本でも触ったことすらありません。 プレイ開始は現金を直接挿入、全財産の1000ペソ札を入れると1000クレジットが画面に表示されます。

 

初めてのスロット体験

photo by shutterstock

スロットは5列。3列のスロットしか見たことないので、わからないルールがさらにわからなくなりました。

1回の回転にベット(投資)する額は1ペソ〜50ペソまで選ぶことができ、少額投資なら当たっても少額のリターンなのでしょう。

よくわからないまま何も考えずに、あたかも慣れいるかのような手つきで1列づつスロットを停止させます。リズムよく停止させていくとなんと…

1000あったクレジットがリズムよく減っていきます。

 

スポーツや芸術において、腰の入れ方と背中の芯・リズム感が大事だ!と聞いたことがあるので終始意識していました。

しかしスロットにおいて腰使いと背中の芯、リズム感を意識すると、ものの10分で一文無しになれました。

そして半日後、翌日がお給料日だということを思い出した私が、この挑戦を全力で後悔したことはいうまでもありません。

 

ウォーターフロント セブシティホテル&カジノ

photo by waterfronthotels.com

2ヶ月後、同じ系列のカジノで初ルーレット。

相変わらずルールを知らないまま撃沈。前回の反省を踏まえ、5000円ほど負けたところでそそくさとカジノを後にしました。

 

グランドリスボアカジノ マカオ

photo by KOH

2ヶ月後、財布に6000円、口座に8万円ある状況、香港までの片道航空券で単身乗り込んだ香港。

『帰りの航空券代稼ぐまで帰れまテン』と題し、命がけの路上ヘアカットの旅に出ました。

 

香港に1週間ほど滞在し、次に向かうはマカオ。なにを思ったか「預金残高は甘え」とか言い出してルーレットに預金全額投資を心に決めました。

前回の反省を踏まえ、ルーレットのルールは勉強しました。5分くらい。

 

ルールと作戦

photo by shuttestock

ルーレットには赤/黒/緑の3色のマスがあり、赤と黒のマスだけに1~36の数字がかかれています。そして、緑のマスは「0」です。

つまり「0」と書かれている、唯一の緑のマスに入れば、賭け金は0ということです。

(数字の並び方やホイールの種類、スタイルの違いなど様々ですが、今回は理解していただくことを重視して簡略化しています。)

とりあえず難しいことは置いておいて、読者の方には”ボールが「赤色のマス」に入れば僕の勝ち”ということだけでも頭に入れていただけたらと思います。

 

さて、ぼくが早速1発ですべて賭けようとすると、なんとMAXベットというものがあると発覚。

グランドリスボアカジノの地下1階のフロアで赤マスに8万円賭けようとしたら27000円までしか賭けられないとのこと。

早速、作戦崩壊で3回戦勝負となりました。8万円を3回に渡って赤マスに賭けます。

 

 

第1回戦

今回のルーレットはディーラーはいなく、機械のルーレットです。

どこでも割とそうですが、ここ、マカオのグランドリスボアカジノはバカラの台が一番多く、ルーレットは数台しかありません。

 

人気のないルーレットなため、台の周りにプレイヤーは筆者の一人だけ。完全に一人よがりのデスルーレットです。寂しくなんかありません。

そんな哀愁感を漂わせる筆者を尻目にルーレットは容赦なく回転します。赤に賭けた27000円、果たして54000円に化けるのか!それとも消えるのか!

 

ルーレット停止。

結果は!!!ジャジャーーーン!!!

 

0(緑のマス)

 

第2回戦

第1回戦についてはノーコメントです。幻覚としか思っていません。

悲しみも苛立ちもそこにはなく無の境地でした。ボタン一つで前回と同額で同じマスに賭けることができるので迷わずポチッと。

なんか今後の人生とか考えながらもルーレットは容赦なく回転します。もう0は出ないだろうと、気持ちでは赤か黒かの50%に確率アップしたような気持ちです。

2倍に増えることによって開始時と同額になります。

 

ルーレット停止。

結果は!!!ジャジャーーーン!!!

 

0(緑のマス)

 

持ち金、全てを賭けた最終戦

筆者は変なキノコでも食べたのでしょうか。幻覚しか見えません。2.7%の確率でしか出ない0が、2回も連続で出るだなんて、ありえるはずがないからです。

手は完全に震えていました。今後の人生のことなんてもう考えていません。

 

幼少期の思い出が頭をよぎります、まるで走馬灯のように。

筆者、TABIPPOトラベルライターKOH、美容師だけどゲイではない。好きな食べ物はたまごボーロ。今年の目標は『有言実行』!!!

辞める選択肢はありません。やるときめたら最後までやり切ります。たとえ異国の地で無一文になろうとも!

 

ルーレット停止。

結果は…ジャジャーーーン!!!

photo by shutterstock

32(黒のマス)

 

勝率0%のギャンブラーが教えるカジノの負け方

photo by KOH

気がついたらお財布にお金がありませんでした。勝てたためしなど一度もないのです。

カジノに行くから負けるのです。行かなければ勝たないし行かなければ負けません。それが身をもって経験した攻略法です!マネしてもいいですよ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP