ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お金が尽きたら旅先で「短期バイト」すればいいんです!誰でもできる現地バイトを探す4つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「できるだけ長期間旅を続けたいけど、お金のことが心配。でも今すぐ旅に出たい。」という人も多いはず。

欧米のバックパッカーの中には、旅先で短期の仕事を見つけながら、旅を続けている人がたくさんいます。

就職前のチャレンジ精神旺盛な学生のみなさんや若い方、短期留学で勉強の合間に働きたい方へ、旅先で短期の仕事を見つける方法をご紹介します。

※国やビザの種類によって、働くことが違法になることがあります。もし実施される場合には、ご自身でしっかりと条件について調べた上で就労してください。

 

ホステルで働く/ホステルの求人広告を見る

photo by pixabay

世界中どこにでもある、バックパッカーのための宿、ホステル。

ホステルによって、毎日数時間働く代わりに、宿代をタダにしてくれるところが多くあります。仕事の内容は受付、電話の対応、ベットメイキングや掃除などです。

世界中から訪れる他の旅行者たちと仲良くなることもできます。自分が予約したホステルや周辺のホステルに、仕事があるか聞いてみましょう。

 

クレイグスリストで探す

photo by pixabay

欧米の人たちの多くが、仕事や住む場所を探すのに利用しているのが、Craigslist(https://www.craigslist.org/about/sites) という世界最大規模の掲示板サイトです。

英語圏の人々のコミュニティサイトで、世界中の都市サイトがあるので、大きな都市ならばどこへ行っても、ここから情報を得ることができます。

またホステルや語学学校内にある掲示板にも、求人広告がある時があります。

 

レストラン、英語の先生

photo by pixabay

photo by Himi Minagawa

このクレイグスリストに載っている求人で多いのは飲食店、英語圏以外の国ならば英語の先生です。

ウエイター・ウエイトレスなら、語学力がそれほどなくても雇ってもらえる可能性があります。

国によっては労働ビザ必須ですが、個人経営の小さな店や日系の飲食店なら働ける率が高くなるので、当たってみるといいでしょう。

 

英語圏の大学で勉強した方は英語を教えることもできます。

また、旅に出る前にTEFL(Teaching English as a foreign language )という資格を取っておくと役立つかもしれません。

この資格はオンラインで最短40時間のコースから取ることができます。ただし、これらの仕事は最低でも1ヶ月ほど、滞在することが必要でしょう。

 

歩いて探す

photo by Himi Minagawa

歩いて見つけたホステル、レストラン、語学学校、商店などに立ち寄って、直接聞いてみましょう。

私が、メキシコ縦断の旅をしていたとき、オアハカという街が気に入って、数週間部屋を借りるためにホステルの掲示板で見つけた場所へ見に行きました。

 

すると、大家さんが英語学校を経営していて、今ちょうど人が足りないからと、そこで英語を教えることになりました。

今思うと当時はひどい英語だったのですが、メキシコ人からすると「素晴らしい」英語に聞こえたらしく、3週間先生として働きました。(部屋は借りませんでしたが。)

 

また、ニューヨークでは、気に入ったエリアの日本食レストランに立ち寄って、連絡先を渡したところ、2週間後に電話がかかってきて、そこで働くことができました。

南米では、皿洗いの仕事に応募したところ、ウエイトレスの経験があるからということで、スペイン語ができないにもかかわらず、ホールで雇ってもらいました。

旅の途中に出会った欧米人のなかには、南米のコーヒープランテーションで働いた、という人もいました。

 

現地で仕事をするということ

photo by pixabay

何事もそうですが、どんな仕事も運とタイミングです。旅に出ると、奇跡のようなことが起こりやすくなると、私は感じています。

語学は仕事をしながら身につけることもできますが、ある程度話すことができれば、仕事を見つけやすくなるでしょう。

旅に出る前に、少しでも英語やその国の言語を学んでおくことをお勧めします。

皿洗いや力仕事なら、語学力はそれほど問われませんが、どんな仕事でも責任をもって望むことが大切です。

 

また、お金のことなど、条件を初めにしっかりと話し合っておきましょう。

旅に出てまで仕事をしたくない、という人もいますが、仕事をすることで、他の旅行者や現地の人たちと交流することもでき、その土地をより深く知ることができます。

私は豪華客船で働いたこともありますが、そういった仕事とはまた違って、海外現地で働くというのは、その地域の一員になれるということです。

あなたの旅をより思い出深くしてくれるはずです!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。