体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ここは外せない!プーケットのおすすめ観光スポット10選

Photo credit: Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

Photo credit: Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

サワディカー! TRiPORTライターのAicuです。
今回は多くの方が大好きな南の島の中でも、タイ屈指のリゾート地、プーケットのおすすめ観光スポットを10ヶ所ご紹介いたします。日本から飛行機で約7時間30分、真っ白なビーチや美しい珊瑚礁に囲まれた「アンダマン海の真珠」と呼ばれるタイ最大の島、プーケット。
アジアのリゾートとして人気が高く、世界中から観光客がやってきます。 せっかくプーケットのようなリゾートへ観光に行くなら、自分の行ってみたい観光地に足を運び、ゆっくり満喫したいのではないでしょうか。プーケット旅行が決まっている方にも、これから旅行を企画している方にもお役に立てれば嬉しいです。

プーケットはどんな島?

タイの首都バンコクから南に900km、飛行時間にして1時間20分の場所に位置するプーケット島は、タイ国内の中で唯一、大陸内ではなく島に設置された「県」です。
タイ最大の美しい島で、別名「アンダマン海の真珠」と名付けられており、世界中から年間636万人もの観光客が訪れるほど人気の島です。綺麗な海に囲まれているため、観光産業としてマリンスポーツが盛んです。

ベストシーズン
乾季である11~3月頃が旅行におすすめの季節です。毎日さわやかな晴天が続き、雨がほとんど降らない気持ちのいい晴れの日が続き、海の透明度も雨季と比べると断然に良いです。
逆に雨季の5~9月頃は雨で、海の透明度も低くなり波が高くなる日も多くなります。

面積
543 km²(淡路島より少し小さいくらい)

人口
37.84万人

プーケットの地図

Photo credit: Kelisi at the English language Wikipedia [GFDL, CC-BY-SA-3.0, GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Kelisi at the English language Wikipedia [GFDL, CC-BY-SA-3.0, GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

<プーケットでおすすめの観光スポット10!>

1. ワット・シャロン寺院

Photo credit: Nicolas Lannuzel via flickr cc

Photo credit: Nicolas Lannuzel via flickr cc

ワット・シャロンの正式名称は「チャイタララーム寺院」。タイの人の発音だと「ワット・チャローン」なんて聞こえるかもしれません。
この寺院はプーケットに29存在する寺院のうち、最も有名な寺院で、信仰している人も多いです。寺院を周りたいのであれば、ここは絶対に外せないスポットです。

ワット・シャロン寺院/Wat Chalong
住所:Chaofa Road (West) Chalong Phuket,Phuket Town, Phuket 83000
営業時間:7:00〜17:00
定休日:なし
料金:10B(お供え用のセット代金)
アクセス:プーケット・タウンから車で20分ほど。パトンビーチから車で20分ほど。交通手段は車かバイクのみなので行き帰りの足の確保を忘れずに。
HP:http://www.wat-chalong-phuket.com/#_=_

2. プロンテープ岬

Photo credit: Edwin Lee via flickr cc
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。