体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷蔵庫2015年モデルの検証シリーズ③ パナソニック『NR-F611WPV』で優雅なキッチンを実現編!

CR5_1136修正済

2015年モデル「冷蔵庫」の特集、前回の日立編に続いては、業界シェアの高いパナソニックの最新で最上位機種のラグジュアリーモデルWPVタイプ『NR-F611WPV』(市場予想価格 税込約410,000円・2015年9月発売)を検証する(※冷蔵庫選び全般の予備知識は前回を参照してほしい)。日々の生活をワンランク上に押し上げるプレミアム感とは、果たしてどんなものなのか。

 

コンプレッサーが上部に! パナソニックだけの“トップユニット方式”

「パナソニックの冷蔵庫だけは、上にコンプレッサーが配置されているんです」
家電量販店で冷蔵庫を選んだ経験があるなら、店員の説明で必ず耳にしたフレーズなのではないだろうか。他メーカー冷蔵庫は本体下部に冷蔵庫の心臓部ともいうべきコンプレッサーがあるのが普通。これが野菜室や冷凍室を圧迫、容量を小さくする原因になっている。

CR5_1142

ところがパナソニックだけはそのコンプレッサーを本体上部へ持っていった。そのため冷蔵室の最上段奥が狭くなっているが、そこはもともと手が届きにくいデッドゾーン。だから実用上何ら不便は無いはずという判断であり、さらに上部にコンプレッサーを置く構造は特許技術が絡んでおり、他社が取り入れにくいという側面もある。

CR5_1145

この“トップユニット方式”は10年前、2005年モデルから採用されているパナソニック製冷蔵庫の大きな特徴。そのため最下段の野菜室でもしっかりと奥行きを確保できており、実際に引き出してみると、広々としたスペースに感動するはずだ。

CR5_1193

またこの驚くほど広さを感じる理由は“トップユニット方式”によるものだけでないのにも注意。実はそれを含んだパナソニック独自の思想“ワンダフルオープン”が全体の構造に大きく関係している。これについて詳しく見ていこう。

 

機能を超えて”思想”に⁈ ワンダフルオープンとは何なのか

CR5_1180

冷蔵庫という家電は、日常生活で一番開閉する家電。そのため重い、引き出しにくいというのは大きなデメリットとなる。中でも問題なのは奥の食材が隠れて視界に入らなくなること。その点についてパナソニックが出した回答は、引き出しレールへの高耐荷重ベアリングの採用による100%全開だった。

CR5_1182
1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。