ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モーターヘッドのレミーが70歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モーターヘッドのボーカル兼ベーシスト、レミーとして広く知られたイアン・フレイザー・キルミスターが、12月28日(現地時間)にロサンゼルスにて、癌のため死去した。70歳だった。

バンドは公式のフェイスブックページで彼の死を認めた。「うまく伝えるのが難しいけど、力強く気高い我々の友人レミーが、侵襲性が非常に強い癌との短い闘病の末に、本日亡くなりました。彼は12月26日に病気のことを知り、常連のバーであるレインボーから通りをずっといったところに最近家族と建てた自宅で、お気に入りのゲームをしながら過ごしていました。このショックと悲しみを表現することはできず、言葉がありません。数日経てば、もう少し何かを伝えることができるでしょう。だけど今はただ、モーターヘッドの音楽を大音量で聴いて欲しいのです」

この英国人ミュージシャンは、1972年から1975年までホークウインドのメンバーとして活躍し、その後、ヘビーメタルバンドのモーターヘッドを結成した。バンドの最もヒットした楽曲は、1980年の『エース・オブ・スペーズ』である。

彼は何年にもわたって毎日ジャックダニエルのボトルを飲み干していたと語り、ドラックとアルコールの驚異的な消費量は世間にもよく知られていた。しかし、ここ数年は、ついにそれを控えるようになったと言われていた。

ラジオパーソナリティのエディ・トランクが最初にこのニュースをツイートした。


カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP