ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカー日本代表 窮地に陥れば「カズJAPAN」誕生に現実味も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年9月、日本サッカー界は絶望に包まれるかもしれない。現在、サッカー日本代表は、2018年のロシアW杯の2次予選を戦っている。9月から始まる最終予選進出はほぼ決定的だが、その戦いぶりは危うい限りだ。スポーツライターの杉山茂樹氏が言う。

「ハリルホジッチ監督のサッカーは中央からの攻撃が多く、ボールを取られた瞬間、選手全員が正面を向いた状態になってしまう。これでは攻守の切り替えに時間がかかり攻め込まれやすい。だが、その弱点を解消する様子がハリルにはない」

 実際、2次予選ではFIFAランク149位のシンガポールにホームで引き分けるなど、格下相手に苦戦が続き、起用法を巡って選手から不満の声も漏れた。

 最終予選は2次予選を突破した12チームを2グループに分け、総当たり戦で戦う。FIFAランク53位の日本は45位のイランや51位の韓国、57位の豪州といった強敵と同グループになる可能性も高い。

「最終予選は9月1日と6日の連戦で始まる。ハリルはアジアの強豪と真剣勝負の経験がない。2次予選で格下相手に苦戦した日本が変わらなければ、強豪相手に連敗も考えられます。サポーターは監督交代を叫び出すでしょう」(杉山氏)

 思い出されるのは1997年のフランスW杯最終予選。予選突破が危うくなると、加茂周監督の更迭を求めるサポーターが選手の乗ったバスを取り囲む一幕もあった。そんな難局を任せられるのは誰か。サッカージャーナリストが語る。

「協会はW杯進出を逃すことでサッカー人気が凋落することを一番恐れている。危機的状況からチームをまとめ、国民感情も盛り上げるなら、指導力云々ではなく、選手、ファンの誰もが一目置く人物でなければ無理。

 期待されるのはキングカズこと三浦知良の抜擢です。カズなら本田圭佑や香川真司も素直に従うはず。カズは監督のライセンスを持っていないので、“総監督”として全体を管理する立場になるでしょう」

 監督は、かつてカズとともにW杯予選を戦い、2015年にサンフレッチェ広島をJリーグ王者に導いて評価を上げた森保一氏か。日本サッカーがピンチに陥った時、「カズJAPAN」誕生が現実味を帯びてくる。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
なでしこを自宅招待した釜本邦茂氏「海堀が一番食ってたな」
日本代表中村憲剛 失敗すると澤穂希から蹴り入れられた過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。