ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「仏男子」に共通する7つの特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

buddha151224-01

恋愛を楽しむことよりも、自分ひとりの時間を大切にしたいと考える傾向が強い「仏男子」の特徴について、具体的な項目を7つに絞り、掘り下げていきましょう。周囲からなかなか正当に評価してもらえないことも多い「仏男子」の長所にも注目していきます。

1.自信にあふれており、得意分野を極めるタイプ

自身に満ち溢れている

「仏男子」は、自分自身の考えや価値観に対して大きな自信を持っており、好きなことに関しては、寝食を忘れて没頭するほどの高い集中力を発揮することができます。
自分が得意とする特定分野の才能にも恵まれており、その能力を最大限に発揮して活躍できることに、大きなやりがいを感じています。
チームになってひとつの大きな取り組みに参加することよりも、どちらかといえば個人プレーを好む傾向があります。

2.恋愛に積極的な女性からのアプローチには戸惑うことも

いままでの学校生活や職場において、女性との接点が比較的少ない毎日を送ってきた「仏男子」は、恋愛に積極的な女性から告白されたり、デートに誘われると、不慣れなゆえ戸惑いを隠せない傾向があります。
経験したことのない緊張感を感じたり、女性と話すべき会話のネタ探しに一生懸命な「仏男子」の姿は、女性から見ると愛らしく思えるキャラクターのひとつです。

3.自分磨きを頑張っている女性に好感を抱きやすい

自分磨きをしている女性に好感を抱きやすい

自分自身の目標や夢を叶えるために、必死になって計画的に頑張っている女性に対しては、自分自身の姿を重ねるためなのか、高い好感や興味を抱く傾向があります。
そのような女性は、頭の回転も速く、話題も豊富な傾向があることから、「仏男子」は、そのストイックさや、自己開発能力の高さに感化され、自然に魅かれていくことも少なくありません。
人生観や物事への取り組み方が、自分と似ていると感じる部分が多い女性であれば、恋愛対象としても受け入れやすいようです。

4.時間の効率的な活用を優先する

「仏男子」は、合理的な考え方の持ち主で、時間の使い方に関してはとくにシビアな部分があります。
プライベートにおいても、自分自身の時間をとても大切にしており、少しでも時間のロスにつながる可能性があることには、かかわりたくないというのが本音です。
たとえば、多くの友人と遊びに行く計画を立てるときに、一人の場合と比べれば、待ち合わせの時間が多くかかるのは当然ですが、そのようなことは非効率的だと感じ、できるだけ避けたいと考えています。

5.自分自身の独特の世界観を大切にしている

「仏男子」は、自分だけが持っている独特のセンスや個性に対してプライドを持っており、それらを大切にしています。
人と同じことをすることは、どちらかというと避けたいタイプです。
自分の個性を「ステキ」だと感じ、大げさなほどに褒めてくれる女性に対しては、比較的心を開きやすい傾向があります。

6.仕事に没頭している自分を誇りに感じる

仕事の日もそうでない日も、四六時中仕事のことを考え、とにかく仕事が生きがいというタイプも多いのが「仏男子」の特徴です。
仕事に打ち込んでいるときの自分の姿が最もかっこいいと感じていることから、その姿に共感し、尊敬のまなざしをもって接してくれる女性からのアプローチがあれば、恋愛に対して前向きな気持ちで進むことができそうです。

7.自分自身の欠点を気にしている女性に惹かれる

欠点を気にしている女性に惹かれる

恋愛に関しては、自分自身の欠点を必要以上に気にして、若干後ろ向きな気持ちになっている女性のほうが、「仏男子」は受け入れやすい傾向があります。
なぜなら、「仏男子」自身が、性格や容姿などの自分がマイナスだと感じている要素に捉われて、恋愛に大きく踏み出すことができない気持ちを、心の奥底に抱えているためです。

「仏男子」は、ある一定の条件さえ整えば、恋愛に関しても前向きな気持ちで進めるケースが多いことがお分かりいただけたと思います。「仏男子」のありのままの特徴を受け入れてくれる女性の存在は、それほど少なくはないようですよ。

関連記事リンク(外部サイト)

「奥手男子」のわかりやすすぎる7つの脈ありサイン
母性本能をくすぐる男性に共通する10の特徴
「文系男子」に共通する7つの特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。