体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカで大人気の「呪いのドーナツ」が日本に来るかも…?

Photo credit:Shizuko Iki「ドーナツ大国アメリカの一番人気

呪いのドーナツ? Photo credit: Shizuko Iki「ドーナツ大国アメリカの一番人気”VooDoo Dougnuts”(ブードゥー・ドーナツ)」

こんにちは! TRiPORTライターのShizuです。
ドーナツ好きの皆さん、ドーナツ大国のアメリカに12年前から注目され続けているドーナツ屋さんがあるのをご存知ですか? それはブードゥー・ドーナツというネーミング。「ブードゥー(VooDoo)」とは、呪術などで有名なあのブードゥー教からとったものです。なんだか普通じゃない雰囲気を醸し出しているこのドーナツ、実は日本に上陸するという噂もあるんですよ!

呪いのドーナツは強い信念から生まれた?

VooDoo Dougnuts(ブードゥー・ドーナツ)はオレゴン州のポートランドで、仲良しの男性2人が始めたドーナツ屋さんです。その2人の名前はケネス・(キャット・ダディ)・ポグソンさんとトレス・シャノンさん。

この2人は何か新しいビジネスを始めたいとアイディアを考えていました。そして突然、ドーナツショップをやろうと思い立ったのです。でもこの2人、今までドーナツなんて作った試しがない! そこでロサンゼルスのドーナツ職人へ弟子入りし、まずはみっちり修行を積むことにしました。

Photo credit:Shizuko Iki 「ドーナツ大国アメリカの一番人気

お店の看板 Photo credit: Shizuko Iki 「ドーナツ大国アメリカの一番人気”VooDoo Dougnuts”(ブードゥー・ドーナツ)」

熟練のドーナツ職人の技をマスターした2人は、今までにないユニークなデザインやネーミングでドーナツを作り出していきます。そしてまたたく間に大ヒット! とうとうポートランド市の公式ドーナツに認定され(2008年12月24日に認定)今では全米ドーナツ人気ランキングの上位に常に入るドーナツショップになったのです。とにかくチャレンジして諦めない。そんな彼らの強い信念がビジネスを成功へと導いたのですね!

ブードゥー・ドーナツを食べてみた!

私がアメリカに在住しているとき、私の主人(アメリカ人)が出張先からドーナツを買って帰ってきました。ド派手なピンクの箱には「VooDoo Dougnut(ブードゥー・ドーナツ)」と書いてあり、怪しい男と蛇の絵が描いてあります。恐る恐る中を覗いてみると…、そのユニークさに思わず笑みがこぼれてしまいました!

Photo credit:Shizuko Iki「ドーナツ大国アメリカの一番人気

Photo credit: Shizuko Iki「ドーナツ大国アメリカの一番人気”VooDoo Dougnuts”(ブードゥー・ドーナツ)」

M&M’Sやカラフルなシリアル、ベーコンがのっているもの、そして人形の形をしたドーナツにプリッツが突き刺さっているもの…! このようなユニークなデザインのドーナツに、しばし見入ってしまいました。

そして肝心のお味は…?「んーおいしいけれど、アメリカンな甘さで、1個以上食べれば十分かな!?」というのが本音(笑)。でもこのユニークな形とアイディア、そしてネーミングが大人気で、わざわざ他州からポートランドまで、多くの人が買いに来るんですって!

空港で働く人たちは、ピンクの箱を見かけると…

Photo credit:Shizuko Iki「ドーナツ大国アメリカの一番人気
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。