ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐の相葉雅紀・二宮和也・松本潤 2015年はどんな年だった?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年、『嵐の“ワクワク”学校2015-日本がもっと楽しくなる四季の授業』、東日本大震災復興支援コンサート『ARASHI BLAST in Miyagi』に続き5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』(12月27日まで)と駆け抜けてきた嵐。個人としてもドラマなどで活躍を見せているが、2016年はどんな年を向かえようと考えているのだろうか。

 嵐のムードメーカである相葉雅紀(33才)にとって、2015年はどんな一年だったのだろうか。チームとしてはもちろん、個人の活動も充実していたが…?

「2015年は個人の仕事もグループの仕事も達成感がありましたね。当然なんですけど、どの仕事も真摯に向き合ってます。グループとしては宮城でライブができたのがよかった。V6さんの20周年記念ライブのオーラスに立ち会えたのには感動でした。

バックで踊ったこともいい思い出です。今もツアー中なんだけど、今回は今まで接点がなかったJr.がバックに多くついてくれてるんです。みんなしっかりしてるんですよ。彼らを見ながら昔を思い出したりしています。あ、この間フレンチトーストを作ってみたんですよ! うまくできました」

 嵐としての活動はもちろん、映画やドラマでの活躍が目立った二宮和也(32才)は、2015年をどう振り返るのか。

「2015年特に印象に残っているのはやっぱり宮城県に招いていただいてライブができたこと。とてもありがたかったなって思います。2015年はいろんな方と共演させていただいて、ありがたい出会いもたくさんありました。最近Hey!Say!JUMPの山田、知念、有岡が家に来てくれたよ。KAT-TUNの中丸も来たから、プライベートでも事務所の仲間と交流してますね。来年は仕事のオファーがいただけるようひとつひとつ丁寧に向き合っていきたいですね」

 ストイックで知られる松本潤(32才)は、2016年の目標もストイックなものなのか。気になるところだ。

「先輩と後輩とたくさん仕事をさせていただいた一年でしたね。とくに“ワクワク学校”は大きかったかな。彼らが参加してくれたことによって、いつもと違って広がりがあったと思うんです。ジャニーズ事務所についてはね、今さら一枚岩になります! ってことじゃなくて、これまでも一枚岩だったと思うんですよ。マッチさんの35周年のタイミングだったり、V6さんの20周年のタイミングがあったりして。あらためてジャニーズ事務所って面白いなって思いました。今後は後輩たちともどんどん絡んでいきたいですね」

※女性セブン2015年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場
女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮
1日1時間しか仕事しない作家がこれからの働き方を語った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP