ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

築地グルメ 河岸の男たちが仕事終わりに骨休めするオアシス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 築地市場内にある商店街・通称「魚がし横丁」には、飲食店や食料品店をはじめとした約140軒の店が並んでいる。なかでも飲食店は連日、一般客が行列をなす人気ぶりだ。来年の移転の前にぜひとも訪ねたい、市場関係者やプロの料理人が通う珠玉の店を紹介しよう。

◆魚料理からラーメンまで揃う昔ながらの食堂「江戸川」

 現在の主人で4代目、「魚がし横丁」でも長い歴史を持つ食堂だ。昔ながらの市場食堂の趣を残し、河岸の男たちが仕事終わりに骨を休めるオアシスになっている。メニューには鯵の開きや焼き鮭などの魚料理のほか、ラーメンやチャーハンなども並ぶ。定食はなく、ご飯と味噌汁は別に注文するシステム。浅利か蜆がふんだんに使われる味噌汁は香りが立ち、旨みたっぷり。

 写真のマグロぶつ750円(手前)は、ぶつのほかに脂の乗った大トロも入る大盤振る舞いの逸品。深川丼880円(奥)は、別皿のつゆをたっぷり掛けてかき込むのがおすすめ。

【住所】築地5-2-1-6号館
【営業時間】5時~13時
【定休日】日・祝・休市日

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
築地グルメ 創業55年目を迎えたメニュー豊富な魚料理の店
カップ麺購入数量日本一の青森県が誇る「ご当地ラーメン」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。