ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝中継 新人社員がアンテナを担いで山登りした時代も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国民的な注目を集める箱根駅伝において、近年重要視されるのが、“つなぎの区間”と呼ばれることも多い3区と4区だ。日本で最もマニアックな陸上長距離専門ウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者・公園橋博士が、日本テレビ系列での放送予想時刻とともに3区と4区の見どころを紹介する。(放送予想時刻はあくまで目安であり、前後する場合がある)

 * * *
【1月2日 10:13】「戸塚中継所」

◆3区(21.4km)
・コースDATA/11km過ぎの浜須賀から海岸沿いの平坦な道が続く。湘南大橋の下り、最後の2kmが仕掛けのポイント。
・区間新記録/オンディバ・コスマス 1時間1分38秒(山梨学院大・2012年)

【1月2日 10:49】「日テレ空撮ヘリ映像は『防砂林』を見ろ!」

 単調な海沿いのコースに飽きる頃を見計らい、空撮ヘリが投入される。15kmを過ぎて相模川に架かる湘南大橋に差し掛かると、視界が大きく開ける。ヘリからの映像が富士山、湘南大橋、ランナーを一つの画面に収めた絵面は箱根中継の“ベストショット”の一つだ。

 空撮映像では「防砂林」にも注目してもらいたい。3区では強い潮風が選手を苦しめる。2013年には東洋大の設楽悠太(現Honda)が体を煽られながら区間賞。風がなければ区間新が出ていたかもしれない。

 空撮に映る防砂林の揺れ具合で風の強さが推し量れる。浜で強風が吹けば、箱根の山の天気も荒れることが多い。「風が強い……今年は荒れるな」と独りごちれば、周囲が箱根通と一目置くこと請け合いだ。

【1月2日 11:06】「監督の『叫び』で選手のギアが変わる瞬間」

 ラスト2kmに差し掛かる湘南大橋を過ぎると、監督車からの声がけがある。これを“号砲”に、激しいスパート合戦の幕が切って落とされる。苦しんでいた選手が息を吹き返すこともあるので、その瞬間を見逃してはならない。

【1月2日 11:17】「平塚中継所」

◆4区(18.5km)
・コースDATA/最も短い区間で高速レースが予想される。酒匂(さかわ)川を渡る15km地点付近が勝負のポイント。
・区間記録/田村和希 54分28秒(青学大・2015年)

【1月2日 11:20ごろ】「名物コーナー『箱根駅伝今昔物語』秘話」

「つなぎ区間」と呼ばれることの多い4区。日テレ側もそれを承知してか、過去の出場選手のエピソードを紹介する名物コーナー「箱根駅伝今昔物語」を投入することが多い。

 このコーナーはテレビマンたちの苦心の末に生まれた。かつての箱根駅伝中継では、アンテナがなくて放送電波を飛ばせない区間があった。その「空白時間」を埋めるための企画が今昔物語だった。

 中継チームは六郷橋付近のマンションにアンテナを立てさせてもらったり、新入社員がアンテナを背負って箱根の山を登ったりして電波が途切れることなく中継できる体制を整えていった。そうした先人の努力に頭を垂れながら見ると、名物コーナーがより香ばしくなる。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
もうすぐ箱根駅伝 一体何歳まで何回出場できるのかご存じ?
正月の風物詩・箱根駅伝 関東以外の大学も出場できるのか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP