ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

21種類の野菜味わう『桃太郎鍋』 小松菜はバターのような味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 白菜は芯からだしが出るから最初に入れる。丁寧にアクをすくうとスープが澄んでうまい…。ちょっとしたコツで鍋はグンとおいしくなる。東京・新宿区荒木町『桃太郎』の店主・千葉良一さんにおいしさの秘訣を教えてもらった。

 昆布だしでとった黄金色のスープで、21種類もの野菜を味わう『桃太郎鍋』。根菜や肉を煮た鍋でしゃぶしゃぶした小松菜やレタスは感動もの! 鍋の概念が変わる。

 これぞ“命”という特製スープは美しい黄金色。日高産の根昆布を弱火で約1時間煮てだしをとり、秘伝のたれを加えて仕上げる。大分産のゆずこしょうを添えても。

 かつての花街の風情が残る東京・荒木町の飲み屋街にひっそりと佇む『桃太郎』。昭和の懐メロが流れる店内で、店主の千葉さんは豪快な笑顔で迎えてくれた。

「うちの鍋はスープが命。このうまいスープで野菜をたっぷり味わってもらうよ」と言って、目の前に現れたのは山盛りの野菜。せりや水菜といった鍋でおなじみの食材に加え、レタスや貝割れ大根、クレソン…まるでサラダ? と思うほど葉野菜がぎっしり。

「野菜からね、い~いおだしがたっぷり出るんだ。最初と最後でスープの味が変わるから、ひと口飲んで覚えておいて」と、鍋奉行ならぬ店主自ら、ひとつひとつ野菜をしゃぶしゃぶして器に運ぶ。

 サニーレタスを食べて…衝撃! 葉のひだがスープを抱き込み、噛むとジュワッと汁が溢れる。こんな食べ方もあったのか~と、感心していると、すかさず「小松菜はバターのような味がするよ」と店主。スープでしっとりコーティングされた小松菜は、ほのかにバターの香りと甘さがふわりと鼻に抜ける。

撮影■田中宏幸

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉今日子・中井貴一がドラマでさぼった店のしゃぶしゃぶ
ランチ1200円で味わえる銀座の「台湾風一人しゃぶしゃぶ」
インスタントラーメンをちょっとしたご馳走にするアイディア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP