ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高山・奥飛騨の冬グルメ!地元人が冬に食べたくなるあったかグルメ7選【岐阜】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おいしいご当地グルメを知りたければ、やはり地元の人が通っている店をチェックするのが一番!…ということで、高山・奥飛騨で地元人から常に名前が挙がる名店を集めました。

中でも今回は、懐かしく感じたり恋しくなるあったかメニューばかりです。このグルメを味わうためだけに飛騨高山へ足を運ぶのもアリですよ!

1.温泉クマ鍋

脂が溶けた甘いスープ。奥飛騨のご当地グルメが体をぽっかぽかに温めます。

シメにいただく玉子とじのおじやがまた絶品

奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋の温泉クマ鍋

築200余年の百姓屋敷を食事処に使用した湯宿。宿では源泉かけ流しの温泉と冷泉を交互に楽しめます。

お店の方のコメント

クマと聞いて驚かれた方も、一度召し上がると意外とクセがなくておいしいと言われますよ。うちの名物です。

「囲炉裏端でゆっくりと」と女将

奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋

TEL/0578-89-2714

住所/高山市奧飛騨温泉郷一重ヶ根1757-1

料金/温泉クマ鍋 1泊2食・2名1室1名:1万4040円~

駐車場/10台

「奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋」の詳細はこちら

2.天ぷら・たまご入りうどん

いつも待っていてくれる。安心感がうれしいうどん。

何度食べても飽きない「昔のうどん」にこだわる

新井こう平製麺所の天ぷら・たまご入りうどん

1人でも多く食べていただきたいと、73歳にして新店を拡大オープン。週末は朝から行列ができます。

お店の方のコメント

麺もちょっと辛めのダシも、他のどこにもない味。安く提供するためにダシも天ぷらも全部自分で作ります。

うどん一筋60年。こう平さんの夢がここに

新井こう平製麺所

TEL/0577-57-8383

住所/高山市岡本町3-105-8

営業時間/6時~14時30分 ※ 売り切れ次第終了

定休日/水

料金/天ぷら・たまご入りうどん1玉460円

駐車場/30台

「新井こう平製麺所」の詳細はこちら

3.中華そば

高山人にとってのスタンダード中華そば

鶏がらスープに野菜やダシを絶妙に調合

桔梗屋の中華そば

細い路地に昔ながらの店構え。懐かしい味を守るのは、良い素材と手間暇かけた仕込みです。

お店の方のコメント

じっくり煮込んだ自家製のスープは、ずっと変わらない味。「食べたくなって」と寄って下さる方が多いです。

店主の人柄にもファンが多い

桔梗屋

TEL/0577-32-2130

住所/高山市本町3-58

営業時間/11時~15時、16時30分~22時

定休日/木

料金/中華そば並650円

駐車場/なし

4.飛騨牛とろ煮

とろとろに煮込まれ、飛騨牛の甘みが凝縮。

味付けは地元の味噌2種類のブレンドと醤油で

六拾番の飛騨牛とろ煮

古い町並にあり、気軽に本格的な飛騨牛が味わえます。今冬登場の、とろ煮のレトルトも注目!

お店の方のコメント

飛騨牛肩ロースのすじを1日かけて仕込み。当初は冬限定メニューだったのですが、ご要望に応え通年提供に!

「食べ歩きにどうぞ」と店主

六拾番(ろくじゅうばん)

TEL/0577-33-2683

住所/高山市上三之町60

営業時間/10時〜16時 ※売り切れ次第終了

定休日/不定

料金/飛騨牛とろ煮Mサイズ700円

駐車場/なし

5.テッチャン

ピリッとした秘伝の味噌でグツグツ煮て。

テッチャンは牛の大腸のこと

奈賀勢のテッチャン

国道沿いで立ち寄りやすい食事処。名物のホルモンはクセがなく、家族で通う人も多い。

お店の方のコメント

このあたりで昔から食べられていたトンチャンを、おばあちゃんがアレンジ。50年以上愛されるメニューです。

「女性にも人気です」と若女将

奈賀勢(ながせ)

TEL/0578-89-2505

住所/高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根868-3

営業時間/10時〜14時、17時〜21時30分

定休日/木

料金/テッチャン880円

駐車場/3台

「奈賀勢」の詳細はこちら

6.自家製五平餅

お母さんたちの手作り五平餅を焼きたてで。

囲炉裏でじっくり約20分。焼いている間に温泉に入るのがオススメ

昔ばなしの里 五平餅村の自家製五平餅

福地温泉の朝市近く、日帰り温泉・石動の湯と囲炉裏の食事処があり、のんびり過ごせます。

お店の方のコメント

昔おばあちゃんがおやつに作ってくれたような、お米ベースの素朴な味わい。冬はシソ入りの味噌で味付けします。

「入浴されたお客様には五平餅を1本サービスします」とスタッフ

昔ばなしの里 五平餅村

TEL/0578-89-2793

住所/高山市奥飛騨温泉郷福地温泉110

営業時間/10時~16時

定休日/水(不定休あり)

料金/自家製五平餅200円、入浴500円

駐車場/10台

「昔ばなしの里 五平餅村」の詳細はこちら

7.漬物ステーキ

アツアツでいただく飛騨高山の郷土料理。

数あるメニューの中でも漬ステはオーダー率高し!

一茶の漬物ステーキ

お店は飲み屋さんが軒を連ねるエリアで深夜まで営業しています。2軒目に立ち寄って小腹を満たしましょう。

お店の方のコメント

各家庭の味がある“漬ステ”ですが、うちは浅漬け白菜を使用。玉子は半熟、鉄板でお出しして混ぜてもらいます。

店主親子が作り出すあったかい雰囲気に引き寄せられる

一茶(いっさ)

TEL/0577-33-0736

住所/高山市朝日町23

営業時間/21時~翌2時

定休日/日

料金/漬物ステーキ570円

駐車場/なし

まとめ

以上、高山・奥飛騨の地元人が冬に食べるあったかグルメを7つ紹介しました。高山・奥飛騨に旅行にいった際は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

隠れ家カフェが人気の「飯坂温泉」。温泉と一緒に行きたいおすすめスポット6選
関西のサービスエリアで外せないおすすめグルメ10選
西日本の高速道路サービスエリアで食べたいご当地カレー7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP