ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「おしゃれ」。それって結局、どういうこと?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

よく聞かれる、「おしゃれ」という言葉。一言で「おしゃれ」といっても、いろんな考え方があるみたい。人からそう思われるのが「おしゃれ」? 自分がおしゃれと思えば「おしゃれ」?
とくに日本人は、トレンドに流されやすい傾向があります。でも、「流行っている服を着ている=おしゃれ」ではないはず。
「自分が好きな服を、楽しく着られる」それが本当におしゃれを楽しんでいる、ということなのかもしれません。そんな思いでおしゃれを楽しんでいる人の「主義」について、考えてみました。

好きなコトをファッションにもリンクさせる

A photo posted by OOTD (@ootdmagazine) on Dec 22, 2015 at 1:11am PST

例えば、ロックテイストがとにかく好き。音楽も、ファッションも…。という人なら、ロックな服にやっぱりひかれるもの。激しくてインパクトがあるから、着るのを躊躇する…なんて、残念すぎる!
若かりしあのころ、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」を着こなす、漫画「NANA」の主人公「大崎ナナ」のファッションに「おしゃれ!」と憧れたこともあったっけ。
好きなテイストを貫いて洋服を選ぶこと。それも、ひとつの「おしゃれ」。そんなファッションを楽しんでいるときって、きっと自然と輝いてるはず。

かわいい!と思ったものを年齢問わず持つ

A photo posted by Blood&Honey (@blood.honey) on Oct 24, 2015 at 12:49pm PDT

かわいい!と一目惚れしたアイテムでも、ちょっと幼いかな…と我慢することってありますよね。年齢が邪魔して身に付けたいものを諦めるのって、ちょっともったいないのかも。
だからといって、ある程度年齢がいったら、その感覚も身に付けなければいけないのも事実。「はじけアイテム」を楽しみたいなら、小物でなら大丈夫!
「FENDI」の「Monster」というラインが、おしゃれな女子の間で注目されているのも、納得。とくにこの時期は、パーティシーズンにかこつけて、思い切り小物コーデを楽しんじゃうのもいいかも。

女子が本能的にひかれる「キラキラ」上手

A photo posted by Chen Burkett New York (@chenburkettny) on Sep 21, 2015 at 1:12am PDT

女性なら、やっぱり好きなのが「キラキラしたもの」。一歩間違えると「大阪のオバチャン」化しかねないキラキラアイテムを上手に着こなせる人は、「おしゃれ」と言われるべき人なのかも。
私のスタイリストの友人は、とってもキラキラ上手。その様子をウォッチしていると、答えはキラキラの取り入れかたにある模様。彼女がこだわっているのは、シルエットや質。そして、色使いが絶妙でした。
「キラキラ以外はシンプルに徹する」「安っぽく見えないキラキラを身につける」など、ルールを決めて楽しんでる人は、やっぱり「おしゃれ」です。
どうやら、「流行りのものを着ている」「雑誌に出てきそうなくらい素敵」、そういった「おしゃれ」とは別の「おしゃれ」感が、世の中にはある様子。
もう、「おしゃれ」なんて言葉にとらわれず、「好きなファッションを楽しむ」と振り切ってしまったもの勝ちなのかもしれません。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・【2015年グリッティ人気記事ランキング】いい女旋風が通りすぎ、次に来るのは?
・現役CA直伝! 海外のひとり旅でやっておくと安心なこと
・新年を迎えるために丸ごと大掃除! あなたに必要なデトックスは?【心理テスト】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP