ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滞空時間は6分!?「新型ホバーボード」が約240万円で販売スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が描いた年である2015年ももう年末。ですが、ギリギリのところに来てまた新たな「ホバーボード」が発表されました!

今度は磁力ではなく、風力で浮いています。

どこでも浮く!
風力式「ホバーボード」

2015年12月24日に発表された「ArcaBoard」は、すでに販売中の浮くボード。ちょっとスケボーと言うにはサイズが大きめですが、36基ものファンが埋めこまれており、正真正銘風力式のホバーボードです。そのパワーはじつに272馬力にも及ぶとか。

もちろん水の上でも使用OK。”あのシーン”の再現だってできるかも。

バランスも
自動調整してくれる

どうせジョークでしょ?だってあんなに上手く乗りこなせるわけないじゃん!とまだ疑いの目で見てしまうのも無理はありません。が、どうやらスッテンコロリといかないようにスタビライザー機能付き。体重制限は最大110kgとありますが、安全に乗れるそうです。

最大時速20km
30cm浮く

もちろんスタビライザーはスマホやタブレットから解除可能。そうすれば、スケボーのようにして直感的に運動神経で操れます。さらに、スマホで遠隔操作もできるそうです。

モノとか置いて運べそうだなーなんて思いますが、スペックを見ると結構驚異的なスピードが出ます。サイズも145cm×76cm×15cm(縦・横・厚さ)とかなり巨大なので、もはやちょっとした車両ですよね。「魔法の絨毯」みたいにして座って乗っても十分楽しそう。

価格は約240万円(19,900ドル)と大物ですが、どこでも使えて一般の人でも購入できるとあって注目が集まっているようです。配送開始は2016年春を予定。その他スペック詳細や注文はホームページから確認できます。乗ってみたいですね!

Reference:ArcaBoard

関連記事リンク(外部サイト)

「英語を話したい学生」と「お喋りしたいお年寄り」をマッチングする英会話サービス
発症率は5%以下。ゾウの遺伝子が「ガン治療」の特効薬に!?(米研究)
【これは欲しい】スマホの「充電」をシェアできるケーブル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP