ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

3DS値下げで徹底討論 任天堂は「その場しのぎ。原発対応と同じことをやっている」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
全財産を任天堂株につぎ込んだというピョコタンさん(中央)

 任天堂のゲーム機ニンテンドー3DSの定価を、2011年8月11日から現状より1万円安い1万5000円とすることが7月28日、発表された。これを受けて29日、ニコニコ生放送「【緊急値下げ放送】ニンテンドー3DS徹底討論スペシャル!」が放送された。番組では任天堂”信者”を自認する漫画家のピョコタンさんが同ゲーム機の値下げについて、「任天堂の対応は原発対応と一緒だ!」と声を荒げる場面も見られた。

 番組の序盤、任天堂信者だというピョコタンさんは、ニンテンドー3DSの値下げを擁護。

「我われ天堂信者は、”バーチャルボーイの悪夢”というのを味わってるわけ。(任天堂はかつて発売したゲーム機)バーチャルボーイを全部切り捨てた。それでハードがガラクタと化した。3DSもその運命をたどる可能性はあった。でも、1万5000円になればみんな買うでしょ? 自分の物がガラクタにならなくて済んだんだから、喜ぶべき」

と語った。

 これに対し、ゲームコラムニストのジャンクハンター吉田さんは、「岩田(任天堂社長)さんは負けたんだよ。宮本(専務)さんは『3DSは時期尚早』と言ったんだから。それを岩田さんがゴリ押しして発売した。発売前は予約もあってマスコミも盛り上げていたけど、その時も宮本さんは冷静な目で見ていて、一過性のものだと分かってた。3DSが負けたんじゃなくて、岩田さんのハードが宮本さんのハードに負けた」と分析。議論は白熱した。

 ところが、任天堂の株価が29日、一時ストップ安になった話題になると、ピョコタンさんの態度は豹変。全財産を投入して任天堂株を購入し、多額の含み損を出していたことをカミングアウトした。ピョコタンさんはそこから”愛ゆえの毒舌”を展開。迷走とも見える昨今の任天堂の対応に関して、

「本当にその場しのぎ。原発対応と同じことやってるの、任天堂は。昔はこうじゃなかったんだって!」

と声を荒げた。

(鏡)

◇関連サイト
・[ニコニコチャンネル]エンタジャムチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch6991
・[ニコニコ生放送]ピョコタンさんのカミングアウト部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv58142161?po=news&ref=news#53:35

【関連記事】
コンピュータ将棋が2連勝で強さ証明 アマトップ棋士の合議戦略通じず
ゲーム「アイドルマスター2」の「PS3版」が発売決定
「FINAL FANTASY 零式」、水樹奈々ら声優陣が明らかに 主題歌はBUMP OF CHICKEN
角川書店の井上社長「見た瞬間に何者かわかるのが、優れたキャラクターデザイン」
「Fate/Zero」セイバーが踊り子に? 2011年徳島「阿波おどり」ポスター公開

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。