ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラリーマンの味方! ビールが安い謎の寿司居酒屋が最高

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月も気づけば終盤。毎晩続く飲み会もそろそろ終わりが見えてきたところ。気が置けない友人と最後の忘年会をするのにぴったりで、飲食代がかさんでいた人にはとても嬉しい“寿司居酒屋”なるお店が都内にたくさんありますので店舗一覧とともにご紹介したいと思います。

まず池袋・東口にある寿司居酒屋 小池、外観はこんなに高級感ある雰囲気で少し緊張する。

f:id:careerca:20151225002823j:plain

しかし、一歩足を踏み入れるとすっかりふつうの居酒屋。「学生禁止」という制度があるせいか、広いフロアなのにそれほど騒がしくもなく、ほどよいガヤガヤ感です。

f:id:careerca:20151225002855j:plain

3480円の食べ飲み放題がお得

ここはとにかくお酒が安い。ビールとハイボールが150円! なんですが、今日は1人3480円の「2時間半食べ放題、飲み放題コース」をオーダー。席の予約をした場合、このコースを注文することになります。

f:id:careerca:20151225002920j:plain

メニューにあるもの全部食べ放題というわかりやすさ。

f:id:careerca:20151225002939j:plain

しかし1人・3480円というのはかなり安い。例えばこのお刺身の下駄盛り(1980円)とお寿司、ビール数杯ですぐに元がとれてしまいそうだ。まあ元をとる必要は全然ないけれど…。

f:id:careerca:20151225003005j:plain

まずは定番の塩コンブきゃべつ。どんなときも最初に野菜から食べるように心がけています。

f:id:careerca:20151225003024j:plain

厚焼き玉子おいしかったです。

f:id:careerca:20151225003040j:plain

豪華な下駄盛りがうれしい

そして下駄盛り! 甘エビにうに、いくら、豪華です。これをずっと注文していたい。

f:id:careerca:20151225003108j:plain

寿司居酒屋という名前だけあって、お寿司とビールで延々と飲めます。うに美味しい。

f:id:careerca:20151225003129j:plain

さらに活きアジ入り刺身盛合わせ(1890円)も追加。盛合わせや下駄盛りが食べ放題に入ってるのは太っ腹すぎる気がします。

f:id:careerca:20151225003150j:plain

お刺身はどれもおいしい。

f:id:careerca:20151225003209j:plain

焼き鳥だって食べ放題です。たくさんいただきました。

f:id:careerca:20151225003231j:plain

ホタルイカ。ゆずの香りがきいていて美味しかった〜。

f:id:careerca:20151225003249j:plain

ちょっとこってりしたものが食べたくなって、ポテト明太チーズ焼き。熱々の鉄板でポテトに明太子にチーズだなんて、美味しくないわけがない!

f:id:careerca:20151225003316j:plain

わさび巻きがツーンとしておすすめ!

そしてさらに下駄盛りを追加しちゃいます。本当にこの下駄盛りは採算度外視じゃないでしょうか。たっぷりのネギトロもうまかった。

f:id:careerca:20151225003348j:plain

ぼくが小池で一番好きなのは、このわさび巻き。けっこうな量のわさびが入った細巻きなんですが、これがめちゃくちゃツーンときて癖になる味。さっぱりとしていて、辛いの好きな人にはおすすめです。

f:id:careerca:20151225003404j:plain

そろそろ締めに向かってお鍋を注文。

f:id:careerca:20151225003421j:plain

「牛鍋」にしてみました。どっさりのお肉。食べれる人はこれも食べ放題ですよ…。

f:id:careerca:20151225003439j:plain

いわゆるすき焼きですね。ぐつぐつ煮こまれておいしそう。

f:id:careerca:20151225003505j:plain

なんと最初からうどんが入ってる。ちょっとうれしい。

f:id:careerca:20151225003522j:plain

寿司居酒屋でお刺身食べ放題を楽しんでいたら、まさかのすき焼きまで。とにかくいろいろ盛りだくさんです。

f:id:careerca:20151225003542j:plain

最後はお寿司で締めます

そしてせっかくなので最後に握り寿司・松(1580円)。

f:id:careerca:20151225003610j:plain

もう何個食べたかわらかない、うにイクラ。やっぱり美味しい。

f:id:careerca:20151225003629j:plain

3人で行ったので、1人あたり3480円。2時間半、ひたすらお刺身とお寿司を食べて、お酒もガンガン飲んでこの値段は安いな〜と思った。そんなわけでついつい通ってしまうお店なのです。

f:id:careerca:20151225003648j:plain

で、似たようなお店が都内にたくさんある

もしかしたら、「あれ? 場所は違うけど、同じようなお店に行ったことあるぞ」という人もいらっしゃるかもしれません。じつは店名こそ違うものの、メニューがほぼ同じで、やっぱりお酒が激安な寿司居酒屋が都内の各地にあるのです。

おそらくもっとも有名なのは六本木にある「まっちゃん」でしょうか。六本木の中心にかなり広いお店をかまえていて、入り口はまるで高級料亭。なのにお酒や料理の値段は今回行った「小池」と同じようなレベル。

f:id:careerca:20151225003718j:plain

f:id:careerca:20151225003731j:plain

以下に似ているお店をまとめてみましたよ。

■松ちゃん – 六本木

■居酒屋 小松 – 六本木

■ぼん – 赤坂見附

■居酒屋 中西 – 表参道

■寿司居酒屋のぼる – 広尾

■居酒屋すみれ – 神泉

■ゆかり – 原宿

■すし居酒屋アルプス – 西武新宿

■やまと – 新宿西口

■めだか – 西武新宿

■居酒屋みどり – 目黒

■ぼたん – 五反田

■コン – 新橋

■すし居酒屋 すすむ – 神田

■居酒屋みかみ – 浅草橋

■あひる – 水道橋

■居酒屋竹子 – 飯田橋

■竹ちゃん – 神楽坂

■居酒屋かもん – 竹橋

■リンダ – 麹町

■小虎 – 虎ノ門

■居酒屋とんぼ – 荻窪

どのお店も共通するのはビールやハイボールが安いこと。そして入り口は料亭のような高級感がありながら、店内は広いフロアで入りやすい。そしてわさび巻きが美味しい。このへんのお店リストを暗記しておくと来年も飲酒が捗ると思われます。

取材・執筆:narumi

関連記事リンク(外部サイト)

お正月、帰省する時に持っていくと喜ばれる 東京の手土産8選
マンガ『ドラゴン桜』に学ぶ、新たな挑戦に足踏みしてしまいそうなときに思い出したい言葉――大事なことは全部マンガが教えてくれた
『ジョジョ石』をめぐる『石川県羽咋市』の奇妙な冒険!

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。