ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

値段◎設備◎評価◎ 台北のコスパ最強ホテルはここだ!ベスト5発表!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行先のホテルを決めるとき、何を基準に決めますか?値段や設備をチェックしたり、インターネットサイトの口コミを参考にしたりするのではないでしょうか。

世界最大の総合オンライン旅行会社エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンがコストパフォーマンスが高い「ベストコスパ・ホテル・ランキング」を発表しました!

ぜひ次回の旅行の滞在先の参考にしてください!

photo by welove.expedia.co.jp

 

最もコスパが良いホテルはここ!

photo by welove.expedia.co.jp

最もコスパの良いホテル〜台北〜のベスト5は上の通りになりました。他の4か所と比べると、第1位の平均宿泊単価がとても安いですね!

では、それぞれのホテルを紹介します!

 

第1位 CU ホテル 台北

CU Hotel Taipeiさん(@cuhoteltaipei)が投稿した写真 – 2015 11月 19 11:59午後 PST

大同に位置し、「寧夏夜市」で夜遅くまで食べ歩きもすることができ、台北の三大観光名所の一つである「中正記念堂」も近く、アクセス抜群のホテル。      

ホテル内には、レストラン、フィットネスセンター、24時間対応ビジネスセンターがあるため、緊急の時も安心です。また、嬉しいことに公共エリアでの WiFiは無料。その他にも、ランドリー設備やコンピュータステーションまで。        

このお値段でこのサービス、第1位であるのも納得です!
■詳細情報
・名称:CU ホテル 台北 (西悠飯店台北店)
・住所:No 198, Minsheng W Rd., Datong Dist. Taipei 台湾
・ホテルの設備:24 時間対応フロントデスク、全客室数 – 87、ATM / 銀行、朝食あり(有料)、ロビーに新聞 (無料)、エレベーター、エクスプレス チェックイン、エクスプレス チェックアウト、フィットネス施設、日用雑貨ショップ/コンビニエンスストア、ツアー/チケット案内、無料Wi-Fi
・インターネット:無料 Wi-Fi , 有線高速インターネット (無料)
・アメニティ:エアコン、室温調節器、電子レンジ (要リクエスト)、シャワーのみ、アイロン / アイロン台 (要リクエスト)、無料 Wi-Fi、有線高速インターネット (無料) 、羽毛の掛け布団、ベビーベッド (無料)
・URL:https://www.expedia.co.jp/Taipei-Hotels-CU-Hotel-Taipei.h6532324.Hotel-Information

 

第2位 カラー ファン イン

おきらく台湾研究所さん(@okiraku_tw)が投稿した写真 – 2015 8月 5 2:40午前 PDT

シー ジョイン パペット シアター、中正記念堂、国立台湾博物館から3km圏内、孔子廟および台北植物園も5km 圏内です。

26室ある客室は防音仕様になっており、WiFi (無料)およびピロートップベッドが完備しています。この他にも、冷蔵庫、高級寝具、および羽毛の掛け布団を利用することができます。
■詳細情報
・名称:カラー ファン イン
・住所:No.22, Ln. 124, Songjiang Rd. Jhongshan Dist. Taipei 台湾
・ホテルの設備:24時間対応フロントデスク、空港送迎サービス (有料)、全客室数 – 26、フロアの数 5、エレベーター、エクスプレス チェックイン、エクスプレス チェックアウト、ツアー/チケット案内、無料 Wi-Fi、ランドリー設備、複数の言語を話すスタッフ、荷物預かり
・インターネット:無料 Wi-Fi
・アメニティ:高級寝具、防音室、エアコン、冷蔵庫、お部屋のアメニティ(無料)、ヘアドライヤー、スリッパ、室内金庫、デスク、遮光カーテン、無料 Wi-Fi、羽毛の掛け布団
・URL:https://www.expedia.co.jp/Taipei-Hotels-Color-Fun-Inn.h9339436.Hotel-Information

 

第3位 ザ ロフト ホテル

Lynnさん(@popopopo45611)が投稿した写真 – 2015 10月 21 7:51午前 PDT

コンビニが近くてとっても便利なこのホテル。もう一つの特徴が深めのバスタブが設備されていること。やっぱり日本人はお風呂を重要視していますね。  

この他にも、有線インターネット (無料)、ケーブルテレビ、およびミニバーを利用することができ、快適に滞在することができます。
■詳細情報
・名称:ザ ロフト ホテル
・住所:No. 776, Zhongzheng Road Zhonghe New Taipei City 235 台湾
・ホテルの設備:フロアの数13、建物/タワーの数1、パーキング (数に限りあり)、荷物預かり、無料 Wi-Fi、複数の言語を話すスタッフ、ドライクリーニング/ランドリーサービス、リムジンサービスあり、全館禁煙、エレベーター、全客室数 – 77、ビジネス センター
・インターネット:無料 Wi-Fi 、有線高速インターネット (無料)
・アメニティ:エアコン、高級寝具、低刺激性寝具、室温調節器、電話、ミニバー、コーヒー/ティーメーカー、毎日のハウスキーピング、バスルーム付き、お部屋のアメニティ (無料)、ヘアドライヤー、スリッパ
・URL:https://www.expedia.co.jp/Zhonghe-Hotels-The-Loft-Hotel.h5145713.Hotel-Information

 

第4位 ホライズン イン

Rongさん(@yehchihjung)が投稿した写真 – 2015 6月 28 8:48午前 PDT

「きれい、内装が素敵」という口コミが多く寄せられているホテル。コストパフォーマンスも高く、朝食が無料で付いているのも嬉しいですね。

全 36 室の客室にはWiFi (無料)、冷蔵庫、および 液晶テレビが備わっており、高級寝具、無料のボトルウォーター、およびヘアドライヤーも利用することができます。
■詳細情報
・名称:ホライズン イン
・住所:4F., No.246, Sec. 2, Changan E. Rd Taipei 台湾
・ホテルの設備:24時間対応フロントデスク、全客室数 – 36、朝食 (無料)、エレベーター、ツアー/チケット案内、無料Wi-Fi、ランドリー設備、荷物預かり、レストラン、全館禁煙
・インターネット:無料 Wi-Fi
・アメニティ:高級寝具、エアコン、電話、ボトルウォーター(無料)、冷蔵庫、スリッパ、お部屋のアメニティ(無料)、ヘアドライヤー、浴槽またはシャワー、デスク、無料Wi-Fi、遮光カーテン
・URL:https://www.expedia.co.jp/Taipei-Hotels-Horizon-Inn.h8363153.Hotel-Information

 

第5位 台北 シメンディン ムジーク ホテル – ジョンホア ブランチ

Curtis Wanさん(@curtiswan711)が投稿した写真 – 2015 9月 2 1:54午前 PDT

西門町に位置しており、紅楼劇場および国立台湾博物館から徒歩15分圏内です。駅からも近く、夜も繁華街で賑わっているので安心です。

客室にはミニバー (無料)と冷蔵庫、そしてコーヒーメーカーが備わっているので、夜ホテルに帰ってからもお茶を楽しむことができます。
■詳細情報
・名称:台北 シメンディン ムジーク ホテル – ジョンホア ブランチ (台北西門町中華館)
・住所:6F., No.90, Sec. 1, Zhonghua Rd. Wanhua Dist. Taipei 108 台湾
・ホテルの設備:24時間対応フロントデスク、朝食あり(有料)、エレベーター、指定喫煙スペース、ツアー/チケット案内、無料Wi-Fi、有線高速インターネット(無料)、コンピュータ ステーション、複数の言語を話すスタッフ、荷物預かり
・インターネット:無料 Wi-Fi
・アメニティ:エアコン、電話、冷蔵庫、コーヒー/ティーメーカー、ボトルウォーター(無料)、ミニバー(補充済み、無料)、毎日のハウスキーピング、バスルーム付き、お部屋のアメニティ(無料)、ヘアドライヤー、スリッパ、シャワーのみ
・URL:https://www.expedia.co.jp/Taipei-Hotels-Taipei-Ximending-Muzik-Hotel-Zhonghua-Branch.h5820590.Hotel-Information

 

まとめ

いかがでしたか?ぜひ次回のホテル探しの参考にしてみてください。

自分に合う素敵なホテルを利用して、旅を思いっきり楽しんでくださいね!

人気旅行先で最もコスパが良いホテルはどこ?! 発表!ベストコスパ・ホテル・ランキング 2015年
台湾へ旅行したい方におすすめの記事はこちらです
❐ここに行っとけば間違いない!日本から3時間で行ける台北の魅力20選
❐異国情緒と懐かしさを楽しむなら、ここへ。台湾おすすめの観光地6選
❐台湾、弾丸グルメの旅!ローカル飯から有名店まで食べてみた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP