ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヨーロッパのおすすめ!世界遺産になっている都市10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、TABIPPOのるいすです。これから旅行をするのにおすすめな場所ヨーロッパ。特に注目しているのは、中欧にある街そのものが世界遺産になっている場所です。

 

治安もよく、人気都市の間の距離も近いため夜行列車や深夜・早朝の移動する必要もなく、安心で快適な旅行プランを立てやすい地域でもあります。

また、お互いに影響を与えながら独自の文化を保っている各国の違いを、短期間にコンパクトに体験できるというのも、この地域の魅力といえます。

というわけで、今回は世界遺産になっている都市10つをまとめました。

*編集部追記(2015年12月28日)
2014年10月に公開した記事に新たに6ヶ所を加えました。

 

ウィーン / オーストリア

Photo via tonedeaf

現在のオーストリア首都でハプスブルク家のお膝元として栄えたウィーン。モーツァルトなどが活躍した音楽・芸術の都として有名で、長い間栄え続けてきた歴史ある街です。

バロック建築が多い街ですが、ゴシック建築や中世の趣を残す町並みもあり、歴史の長さを感じられます。

また、オペラ、コンサート、凄腕ぞろいのストリートミュージシャンの演奏を聴いて過ごすことも、老舗のコーヒーハウスでゆったり過ごすこともでき、ヨーロッパの文化を色濃く体感できる街といえます。

 

ハルシュタット/オーストリア

photo by John Mason

オーストリアのザルツブルクから鉄道で2時間ほどの場所にある、ハルシュタットは「世界の湖畔で最も美しい」と言われています。

小さい街なので30分程でまわることができ、映画「サウンドオブミュージック」の撮影で使われたことでも有名です。

 

ブダペスト / ハンガリー

 photo via Latinomics

ウィーンからバスで3時間の位置にあるハンガリーの首都ブダペスト。 王宮がそびえ立つブダ地区とローマ時代に起源を遡るオーブダ地区、そしてドナウ川の対岸にあるペスト地区が統合されてできた街です。

その中でもブダ地区とドナウ川沿いが世界遺産として登録されていて、「ドナウの真珠」の異名をとる美しい景観が広がります。

 

プラハ / チェコ

Photo via Prague Protein Spring

ウィーンから長距離バスで5時間ほどのところに位置するプラハ。  千年以上の歴史を持つこの街は、世界大戦や資本主義経済の影響を受けることが少なかったために、さまざまな時代の建築が立ち並ぶ街並みが広がっています。

旧市街広場からカレル橋を渡り、プラハ城に登る観光コースが定番。 プラハ城からは「百塔の街」の異名を持つこの街の美しい風景を見下ろすことができます。

 

チェスキー・クルムロフ / チェコ

 Photo via John Goodbrad

プラハからバスで3時間のところに位置するチェスキー・クルムロフ。 チェコの中でも中世の街並みを色濃く残している街として人気を誇る街です。

第二次大戦後に荒廃してしまいましたが、1989年以降に民主化してから現在の美しい街並みに復元されたそうです。 小さい街なのでプラハから日帰りも可能です。

 

ドブロヴニク/クロアチア

photo by sakai ayaka

ドブロヴニクはクロアチアの最南部に位置する観光都市です。オレンジ色の瓦屋根とアドリア海のコントラストが美しい旧市街は、その景観美から「アドリア海の真珠」と言われています。

旧市街を取り囲む全長2キロの城壁は遊歩道になっており、エラフィテ諸島の島々が一望できます。

 

ベルン/スイス

photo by Fr Antunes

スイスの首都ベルンは、15世紀初頭の大火をきっかけに、街が強度のある石造りに生まれ変わったため、その街並みがほぼそのままの姿で残っています。町中に美しい彫刻や噴水が点在し、まるで中世に迷いこんだような気分になります。

 

トレド/スペイン

photo by archer10 (Dennis) (62M Views)

スペインの首都マドリッドから電車で30分くらいのところにあるトレド。「もっともスペインらしい街並」と呼ばれ、15世紀から歩みを止めたスペインの美しい古都「トレド」。

街は中世ヨーロッパの面影を強く残し、街全体が博物館と言われるほどこの街は美しさと長い歴史に包まれた魅力をもっています。

 

ポルト/ポルトガル

photo by mat’s eye

リスボンから北へ約300キロ、大西洋に面した湾岸都市ポルトは、ポルトガル第二の都市です。海から続く丘に、オレンジ色の屋根の家々が折り重なるように建ち並ぶ様子はまるで積み木かブロックが積まれているような温かみのある風情です。

 

ワルシャワ/ポーランド

photo by Gabriela_F

第二次世界大戦中に破壊されたワルシャワの旧市街は、昔の人々が描いたスケッチ、写真などをもとにして、レンガのひびなど隅々にわたって中世の街並みを再現。

60年あまりの修復を遂げて、その街並みは復活しました。その違いは本来あった物と再現された物の違いは、まったくわからなくなっています。

 

まとめ

Photo via kepes-lap

いかがだったでしょうか。今回は世界遺産となっている都市を紹介しましたが、中欧にはそれだけでない魅力がたくさんあります。

オーストリアのアルプス山脈沿いの大自然も素晴らしいですし、独特の料理を数多く持つハンガリー料理も日本人好みの味できっと思い出となるでしょう。

ビール大国チェコで本場のピルスナーを味わうこともビール党はマストでしょう。旅程の組み方としては、飛行機で日本からオーストリアのウィーンへの直行便が便利です。

 

 

「絶景手帳2016」は全6色から選べる絶景カラー!

Photo by PAS-POL

この絶景手帳の目を惹く配色は、世界の絶景をイメージした厳選カラーです。ウユニブルー、サントリーニピンク、コムローイホワイト、ランペドゥーザターコイズ、アゲダレッド、バルセロナブラウンの全6種がラインアップ。

訪れたい場所や好きな色に合わせて、あなただけの絶景をお楽しみください!全国のLOFTや東急ハンズ、各書店にて発売されておりますので、ぜひ店頭にてチェックしてみてください。

 

▽他にもヨーロッパには世界遺産がたくさん!こちらの記事もオススメです!
❐女の子はきっと好きになる!ヨーロッパの可愛い街並みが見れる場所5選
❐【憧れのヨーロッパ!】世界遺産にタダで行けちゃうキャンペーン?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP