体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アウトドア系ライターに聞く! アウトドアグッズ収納のポイント

アウトドア系ライターに聞く! アウトドアグッズ収納のポイント

アウトドアブームに沸く昨今。週末のキャンプ場などには数多くの人が訪れアウトドアを楽しむ。その一方で、限られた空間で暮らす都市部の人にとって、テントやBBQコンロなどアウトドアグッズの収納は頭が痛い問題だ。そこでアウトドア系ライターの真田崇史さんにその収納術の極意を伺った。
「生活の動線を妨げないこと」を前提に収納場所を分散する

都心から電車で約30分。埼玉県草加市にある築10年の3LDKの分譲マンションに暮らす真田さん。同居するのは妻、子ども2人、犬1匹。10年ほどアウトドア雑誌の編集部に勤務し、5年前にフリーライターとして独立した。現在も主にアウトドア系の取材・執筆の仕事をしている。

「最初はBBQセットぐらいしか持っていなかった」という真田さん。しかしアウトドア雑誌の編集者として働くうちに、すっかりその魅力のとりこになっていく。取材用にメーカーから提供されたアウトドアグッズで気に入ったものがあれば、次から次へと特別価格で購入。そのうち自宅がそれらで徐々に埋め尽くされていった。

現在真田さんが所有する主なアウトドアグッズを次に挙げてみたい。ファミリーテント1、タープ3、テーブル2、キッチンテーブル1、椅子6、コット(折りたたみ簡易ベッド)8、ダッチオーブン7、ツーバーナー2。これら以外にもクッカーセットやランタンなど、きりがないほど大量の道具を所有している。

「たまに妻から『どうにかして!』と突っ込まれます」と頭をかく真田さん。現在それら大量のアウトドアグッズは3つの場所に分散して収納している。6畳洋間の仕事部屋、6畳洋間の寝室、そして車のトランクだ。リビングやベランダにはアウトドアグッズは置かず、家族の日常生活の妨げにならないように空間と動線を確保しているのがミソだ。そのため自然とメインの収納場所は真田さんの仕事部屋になった。

【画像1】真田さんの仕事部屋がメインの収納スペース(写真撮影/藤川満)

【画像1】真田さんの仕事部屋がメインの収納スペース(写真撮影/藤川満)繰り返し使うことによって置く位置が決まってくる

メインの収納スペースとなる仕事部屋の壁には2つのラックが並び、その下部にはダッチオーブンなどの重量物を収納している。上にいくほど寝袋、マットレスなどコンパクトで軽いものを配置。万が一地震などが起こっても、落下によるダメージはほとんどない。

ラックの横には小物類を収納したコンテナを積み上げた。一番下のコンテナは使用頻度の少ない小物。頻繁に開けることがなくても、瞬時に中身が分かる透明なコンテナを使用している。その上の金属製のコンテナはガスカートリッジなど燃料系をまとめて収納。

【画像2】仕事部屋の壁に設置しているラックとコンテナ。重量物、使用頻度が低い物は下部へ。ただし小物は中身が分かりやすいよう透明なコンテナに収納する(写真撮影/藤川満)

【画像2】仕事部屋の壁に設置しているラックとコンテナ。重量物、使用頻度が低い物は下部へ。ただし小物は中身が分かりやすいよう透明なコンテナに収納する(写真撮影/藤川満)

【画像3】燃料収納コンテナ。小物はカテゴリーごとに収納するのがコツ(写真撮影/藤川満)

【画像3】燃料収納コンテナ。小物はカテゴリーごとに収納するのがコツ(写真撮影/藤川満)

一番上のコンテナは折りたたみ式。ここには使用頻度の高いものを収納。ハードタイプのコンテナだけでなく、その日に使う道具の選別によって、ソフトビニールタイプのコンテナを追加するなど増減する。コンテナにはストラップが付いていて、駐車場まで運ぶのにも便利だ。

【画像4】使用頻度の高い小物類は折りたたみのコンテナに収納して持ち運びをしやすくする(写真撮影/藤川満)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。