体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湖面に映える白鳥。冬の風物詩を間近に眺められる「絶景白鳥飛来地」5選

絶景、冬の風物詩!白鳥を間近に眺められる、全国の白鳥飛来地5選

子どもの頃、白鳥の王子など白鳥が出てくる童話は少し切なくて、それでいて憧れずにはいられない不思議な存在だったのではないでしょうか。きっと本物をみたらすごく美しいんだろうなあ!と心をときめかせていたものです。

毎年冬になるとシベリア方面よりたくさんの白鳥が日本に飛来します。白鳥が越冬をする湖や沼地、湿地は、餌や栄養たっぷりの土壌と呼ばれる場所ばかり。世界的に重要とされ、保全が義務付けられている場所もあります。白鳥が来るということは、自然が豊かな証拠でもあるのです。

ひとりで、友だちと、デートに、家族で。自然を満喫して、一日たっぷりと遊んだり発見したりしながら白鳥を間近で眺められるスポットをご紹介!

冬の風物詩を体験しにお出かけしてみませんか?

1.諏訪湖

(長野県諏訪市・岡谷市・下諏訪町)

美しい自然と湖面に映える白鳥の姿

諏訪湖

天気が良ければ富士山をバックに白鳥を観察することも。ぜひあなたの目で!

飛来時期:12月上旬頃~2月中下旬頃

飛来地:横河川河口

美しい自然と湖面に映える白鳥の姿は、たった2羽だった初飛来から42年という年月を経てすっかり諏訪湖の風物詩となりました。

今では、毎年100羽~200羽近く飛来するようになり、シベリアからの長い旅をへてたどりついた白鳥が越冬する場所になっています。その光景は、まさに「白鳥の湖」!

厳冬期には結氷した湖面から白鳥を望むことができ、天気の良い日には富士山を背景に白鳥の美しい姿を眺めることもできますよ! 諏訪湖

TEL/0266-52-2111(一般社団法人 諏訪観光協会)

住所/長野県諏訪市上川一丁目1662番地

「諏訪湖」の詳細はこちら

白鳥飛来

TEL/0266-23-4854(岡谷市観光協会)

住所/長野県岡谷市幸町8-1

「白鳥飛来」の詳細はこちら

諏訪湖に行くならココ!

諏訪湖 遊覧船

ゆったりと諏訪湖を一周!

天気が良ければ富士山をはじめとする峰々をのぞむことができる「諏訪湖観光汽船」の遊覧船では、約25分かけて諏訪湖をゆったりと一周します。白鳥の形をした「すわん」と亀の形をした「竜宮丸」2艘の遊覧船がありますが、そのうち「竜宮丸」では車いすのままで乗船できるようになっています。諏訪湖 一周約25分の船の旅。広々とした「すわん」船内諏訪湖

「竜宮丸」の中心にあるらせん階段を昇るとそこは展望台。冒険心をくすぐられて気分はもう船長さん♪ 諏訪湖 遊覧船

TEL/0266-52-0739(諏訪湖観光汽船)

住所/長野県諏訪市湖岸通り3-1-27

営業時間/9:30~16:30

料金/大人 900円、子ども 450円 ※その他各種割引等あり

※荒天時、結氷時は運休。

「諏訪湖 遊覧船」の詳細はこちら

2.猪苗代湖(福島県耶麻郡)

磐梯山の絶景を楽しみながら白鳥を観察!

猪苗代湖 磐梯山と白鳥たちとコラボレーション!猪苗代湖
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会