ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤澤ノリマサ、2年ぶりの新曲をコンサートファイナルで熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポップオペラの貴公子・藤澤ノリマサは、12月25日東京・国際フォーラム・ホールCにて、クリスマスの夜を、コンサートという形で、1,500人のファン“ノリージョ”達に歌のプレゼントを贈った。

レーベル、そして事務所の移籍という新たなスタートを切った今年、12月9日にその移籍第1弾シングルとなる「愛の挨拶〜夜空に星を散りばめて~/Brand New Day」を発売したばかりの藤澤ノリマサは、アンコールで「愛の挨拶〜夜空に星を散りばめて〜」をピアノの弾き語りで感情を込めて歌うなど、新曲2曲をとても大切にしている様子が伺えるコンサートを行った。

最近はバラエティ番組に出演するなど、トークの幅の広さも見せている藤澤ノリマサだが、今回は彼の魅力であるベルカントというオペラ調の歌い方と、ポップス調の歌い方を使い分ける「ポップオペラ」の魅力を、今年の流行語大賞にノミネートもされた、あの「あったかいんだからぁ。」で表現するなど、「ポップオペラ芸人」というジャンルも築けるのでは?と思うほどの、高いクオリティのジョークを披露した。

新曲やクリスマスソング、そして彼の代表曲「希望の歌〜交響曲第九番〜」など、アンコールを含めた全22曲に加え、最後の最後には、アカペラで熱唱した藤澤ノリマサ。その歌声で、多くの方々に涙を誘う感動と、大きな笑顔を届けてくれた。2016年はもう目の前。来年はさらに進化したポップオペラで多くの人を魅了してくれるだろう。

関連リンク

藤澤ノリマサ オフィシャルサイトhttp://www.fujisawanorimasa.net/
藤澤ノリマサ オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/nfujisawa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP