ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近藤晃央、年内最後のワンマンライブで来春アルバム発売&全国ツアー開催発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo by 鈴木さゆり
近藤晃央が、12月27日に年内最後となる「ACOLOGIA Vol.6」をshibuya duo MUSIC EXCHANGEにて開催し、2016年春のアルバム発売、そして6月に全国ツアー開催する事を発表した。

今回は、スペシャルゲストにヴァイオリニスト・NAOTOを迎えてのステージ。チェロも入った7人編成でのパフォーマンスとなった。

Photo by 鈴木さゆり
1曲目はドラマ主題歌にもなった「あい」からスタート。「ACOLOGIAへようこそ。近藤晃央です!今日は今までで一番豪華な編成です。贅沢な時間を堪能してください。」というMCの後、代表曲「らへん」を含む2曲を演奏。さらにアップテンポな「わらうた」を含む6曲を演奏。バンドメンバーがステージから降りると、「弾き語りの原点、初心に帰って、せつないラブソングを歌いたいと思います。」というMCの後、未発表曲の「恋文」を生ギター1本でせつなく歌い上げた。

Photo by 鈴木さゆり
後半戦はまたバンド演奏タイム。「ブラックナイトタウン」の後、「ライブでストリングスに入って頂くのは今回が初めてなのですが、初めてがこんな素晴らしい方で良いのでしょうか…。昨日もスタジオにいらっしゃるだけで、スタジオが明るくなる、そんな太陽のような人です!」というMCの元、NAOTOを再び呼び込むと、「テテ」「心情呼吸」2曲の代表曲を歌い上げ本編を終了した。

アンコールはNAOTOのヴァイオリンソロから、デビュー曲の「フルール」へ。2階席からシャボン玉が降って来る、そのシャボン玉が照明に光る美しい演出で客席を魅了した。「幸福論」をコーラス、ピアノだけで聴かせた後、アンコール最後の曲は未発表曲の「ともしび」。マイクを離し、ギターもアンプを通さず、生ギターと生声だけで、魂を込めてじっくりと歌い上げ大歓声の中ライブは終了した。

その直後、スクリーンに「緊急告知」の文字が。その映像で2016年春の2ndアルバムの発売と、2016年6月の全国ワンマンツアーの開催が発表され、会場は大歓声に包まれた。アルバム、全国ワンマンツアー共に、2013年ぶりと約3年振りの待望の開催となる。

なお、大晦日にはZIP-FM COUNTDOWN FESTIVAL from LAGUNA TEN BOSCHに出演。さらに2016年元日からは東海ラジオでのレギュラーコーナーもスタートする。

リリース情報
2ndアルバム「タイトル未定」
2016年春発売
発売日、詳細は決定次第発表

ライブ情報
「ZIP-FM COUNTDOWN FESTIVAL from LAGUNA TEN BOSCH」
日程:12月31日(木)
会場:ラグーナテンボス ラグナシア・ラグーナビーチ(大塚海浜緑地)
MUSIC NAVIGATOR:南城大輔/白井奈津
出演:SEAMO/nobodyknows+/Da-iCE/CODE-V/lol/ベリーグッドマン /近藤晃央/WHITE JAM/侍
チケット:イープラス、各コンビニエンスストア、チケットぴあで発売中
http://www.lagunatenbosch.co.jp/laguna/cd/

「狂宴 #01〜近藤晃央×指田郁也 2MAN SHOW〜」
日時:2016年2月4日(木)
開場:18:30  開演:19:00
会場:shibuya eggman
料金:3,500円(税込)※ドリンク代別途500円必要 ※3歳以上要チケット
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888 (http://www.diskgarage.com/

「近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR」
2016年6月4日(土)福岡:ROOMS
2016年6月12日(日)大阪:梅田シャングリラ
2016年6月18日(土)東京:キネマ倶楽部
2016年6月19日(日)名古屋:ボトムライ
※詳細は確定次第発表

番組情報
近藤晃央ラジオレギュラー「近藤晃央のコトノオト〜シーズン2〜」
日時:2016年1月1日(金)深夜25:50〜東海ラジオにてレギュラーコーナースタート
東海ラジオ〜金シャチ劇場内〜 (毎週金曜日24:00-27:00放送) 25:50-26:00 10分枠
kotooto@tokairadio.co.jp

関連リンク

近藤晃央official web sitehttp://www.akihisakondo.jp/ 
近藤晃央ファンクラブ「UDONCO」http://akihisakondo-fc.net/ 
近藤晃央twitterhttps://twitter.com/staff_akihisaK

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP