ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の旅行ブログTOP21!あなたはどの楽しみ方にする?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Ara「美味しい観光、韓国ソウルを食べあるく!」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
お隣の国韓国には、最先端の流行ファッションを集めたショッピングモールや女性には嬉しいコスメ、ついつい箸が進んでしまう韓国グルメ、美しい風景に出会える世界遺産などいろいろな魅力がたくさんありますよね。
行ってみたらどんな雰囲気なのかな? と思ったあなたに、今回は実際に旅行してきた人たちの思い出がいっぱい詰まったブログをご紹介します。ぜひ、旅をするときの参考にしてみてくださいね。

<女子旅>

1. 「【絶品!韓国食べ歩き旅】週末を使って一番おいしい韓国料理を探しに行ってみた!」田島知華(たじはる)さん

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【絶品!韓国食べ歩き旅】週末を使って一番おいしい韓国料理を探しに行ってみた!」

こちらのブログでは、掘り出し物がたくさん見つかる南大門市場や甘くて美味しい韓国スイーツを紹介しています。
おすすめのカフェI’m Cでは、フルーツをたっぷり使ったパッピンスやビッグサイズのパッピンスを食べることができます。食べるのがもったいないくらい可愛い見た目のスイーツも、一口食べれば手が止まりません。明洞駅近くの屋台の様子も載っているのでローカルな雰囲気も伝わってきます! 

2. 「待ちに待った年末年始旅♡in 韓国」Ayako Yamagishiさん

Photo credit: Ayako Yamagishi「待ちに待った年末年始旅♡in 韓国」

こちらのブログは年末年始の韓国の様子が写真と一緒に記録されています。
ロッテホテルの豪華なライトアップや明洞の新しい年を迎えるお祝いの雰囲気が楽しげです。韓国の冬の寒さのおかげで、温かいチゲがよりおいしく感じそうです。韓国の賑やかで明るい空気で新年を迎えれば、楽しく健康に一年を過ごせそうですね。

<美食・グルメ>

3. 「グルメ、買い物、満喫いっぱいのソウル!旅行★」Fei Chenさん

Photo credit: Fei Chen「グルメ、買い物、満喫いっぱいのソウル!旅行★」

こちらのブログには韓国に行ったら絶対に食べるべきと言われているトッポッキの専門店モッシドンナや「良い素材を安く!」がモットーの王妃家のボリュームたっぷりのメニューが紹介されています。
骨付きカルビは分厚く肉汁たっぷりで、見ているだけでお腹が空いてきます。ほかにも、濃厚なケジャンなど韓国料理の写真がたくさん載っていて、グルメを楽しみたい方におすすめです。

4. 「2010.4 食い倒れ姉妹が行く もぐもぐソウル」tabitabi parsleyさん

Photo credit: tabitabi parsley「2010.4 食い倒れ姉妹が行く もぐもぐソウル」

ソウルの汝矣島と明洞のグルメが紹介されています。
汝矣島には鷺梁津水産市場があります。市場で魚を買うとその場でさばき、アラと刺し身にしてくれます。ブログの筆者は近くのレストランでアラを鍋にしてもらい、新鮮な魚介類を堪能しています。
また明洞では屋台で売っているおやつを食べたり、ワッフルやフルーツの盛り合わせを味わっています。

5. 「潮の香り漂う釜山は海鮮が美味しい♪」Jenoさん

Photo credit: Jeno「潮の香り漂う釜山は海鮮が美味しい♪」

釜山の有名なレストランやカフェを巡っているブログです。
釜山で1番賑やかな通り光復路通りの焼肉屋で厚切りサムギョプサルを食べ、オープンテラスの開放感のあるカフェでゆっくりと時間を過ごしています。
豪華にアワビまで盛りつけられているスンドゥブは、海鮮のダシがしっかりと出ていて何度でもリピートしたくなること間違いなしです。釜山でおいしいものを食べたい! と計画中の方はぜひ、お読み下さい。

6. 「ラッコジェ探訪のたび」kumatarou
さん

Photo credit: kumatarou「ラッコジェ探訪のたび」

こちらは、韓国の伝統家屋を改装した宿に滞在しながら、いろいろなスポットやグルメを堪能しているブログです。美味しい韓定食をゲストハウスでふるまってもらったり、仁寺洞にある精進料理を食べたりと韓国ならではの料理を楽しんでいます。
韓国の伝統家屋の雰囲気を知ることもできるので、ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえます。

7. 「辛い食べ物苦手な女子が韓国食べまくり☆」Yukari Kawaiさん

Photo credit: Yukari Kawai「辛い食べ物苦手な女子が韓国食べまくり☆」

辛いのはちょっとニガテだけれど韓国には行ってみたい! という方におすすめのブログです。辛い料理が苦手でも食べられるマイルドな料理がたくさん紹介されています。
お洒落な街、東大門では優しい口当たりの冷麺を食べ、トラックの荷台にたくさん積まれたフルーツはどれも甘くておいしそうです。コンビニに並んでいる缶詰などの写真も載っています。

<街歩き>

8. 「歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!」松尾佳紗寧さん

Photo credit: 松尾佳紗寧「歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!」

昌慶宮や景福宮、興仁之門など歴史ある建造物を巡っているブログです。
朝鮮時代の歴史の流れを感じさせてくれたり、厳かな空気に触れることができるスポットが満載です。その鮮やかな色合いも必見です。近代的な建物も紹介されていて、N Seoul Towerのライトアップの写真は迫力がありますよ! いろいろな建物を見たい方にぴったりです。

9. 「静かにまわる大人向け韓国ソウル旅。」平井樹美さん

Photo credit: 平井樹美「静かにまわる大人向け韓国ソウル旅。」

ソウル特別地区にあるシンボル的教会、明洞大聖堂のモダンな外観を知ることができたり、芸術と伝統の街として観光客も多く訪れる仁寺洞の雰囲気を感じることができるブログです。
ライトアップが美しいトンデムン デザイン広場など近代的なスポットや鍾路の可愛らしいファッショングッズを売っている露店などお洒落な場所を観光したい方におすすめです。

<ショッピング>

10. 「地元の友人に連れられて ソウル観光&ショッピング」Nadeshiko Yamatoさん

Photo credit: Nadeshiko Yamato「地元の友人に連れられて ソウル観光&ショッピング」

5大王宮のひとつである徳寿宮の歴史やソウル特別地区にある景福宮の建物の特徴を詳しく説明しているブログです。人工的に造られた川清渓川の美しい夜景や仁寺洞で可愛いおみやげを探したりと韓国の魅力がたっぷり詰まっています。
ブログの筆者は韓国在住のお友達と観光しているので、穴場的スポットも紹介されています。

<ロケ地>

11. 「韓国、ソウル周辺にて猟奇的な彼女のロケ地巡りの旅」大西桜子さん

Photo credit: 大西桜子「韓国、ソウル周辺にて猟奇的な彼女のロケ地巡りの旅」

こちらは韓国映画『猟奇的な彼女』のロケ地巡りを記録したブログです。イラストを使ってストーリーを紹介しており、映画を見たことがない人でも楽しく理解できるようになっています。
主人公がヒロインと出会う新道林駅や劇中に出てくるグルメ、チョルビョンプデチゲや韓国の慶応と呼ばれる名門、延世大学などたくさんのスポットが紹介されていて、こちらのブログを読むと映画を見たくなったり、韓国に行きたくなること間違いなしです! 

12. 「庶民派市場からお洒落な街並みのカフェまで、大満足の韓国ソウル」Jenoさん

Photo credit: Jeno「庶民派市場からお洒落な街並みのカフェまで、大満足の韓国ソウル」

100以上の小劇場が集まる演劇の街として知られる自然豊かな街、大学路のお洒落な風景や風情ある雰囲気の喫茶店、学林などが紹介されています。また、銀杏並木のオシャレなメインストリートで知られるカロスキルでのランチや、ウィンドーショッピングの様子を知ることもできます。

<初めての旅>

13. 「初めての韓国ソウルはツアーが楽しい! 手軽に個人旅行できるソウルだからこそ、最初はツアーで貴重な(笑)体験を♪」Jenoさん

Photo credit: Jeno「初めての韓国ソウルはツアーが楽しい! 手軽に個人旅行できるソウルだからこそ、最初はツアーで貴重な(笑)体験を♪」

初めての旅行で個人旅行はちょっと不安・・・と思ったらおすすめなのがツアーです。ツアーだから経験できたことがたくさん書かれていますので、初海外旅行にちょっぴり尻込みしている方はぜひ読んでみてください。
韓服を着てプロのカメラマンに写真を撮ってもらうプログラムが組まれていたり、ガイドさんに観光名所を案内してもらったりとツアーの魅力がたくさんあります。自分ひとりではなかなか挑戦しづらいことも、ツアーでチャレンジしてみるのもいいですね。

<父子旅>

14. 「カパド(加波島)エコツアー 2013」Masayuki Okaさん

Photo credit: Masayuki Oka「カパド(加波島)エコツアー 2013」

済州島と韓国最南端に位置する馬羅島の間にある加波島を旅した父子のブログです。済州島西部のモスルポ港から船で海を渡る様子や、雄大な大草原の中にある一本道の風景などが美しく写真に収められています。
自然溢れる緑の豊かさと海の美しさを感じることができます。島のほのぼのとした日常を知ることができ、読むと心が癒やされます。

15. 「韓国済州島 ~自然の雄大さと石のおじさんに癒される旅~」Shizuki Nomuraさん

Photo credit: Shizuki Nomura「韓国済州島 ~自然の雄大さと石のおじさんに癒される旅~」

マリンスポーツやゴルフを楽しむことができ、映画やドラマのロケ地としても多く登場する済州島。
多くの文化遺産がある城色民俗村や翰林公園内の双竜洞窟や侠才洞窟の内部の様子を写した写真を見ていると、まるで自分も地底探険にでかけているような気分になれますよ。
また北村トルハルバン公園にはいたるところに済州島のシンボル、おじさんの石像トルハルバンがいて、まるで島を守っているかのような佇まいです。

<ひとり旅>

16. 「ソウル3日間、みっちり観光&お買い物の旅」Maho Fukukawaさん

Photo credit: Maho Fukukawa「ソウル3日間、みっちり観光&お買い物の旅」

治安がよくて、ひとり旅するのにも安心な韓国。バックパックを背負って自由気ままに冒険してみるのも楽しいですね。こちらのブログではさまざまな場所をパワフルに動きまわる姿をスポットの説明、写真とともに見ることができます。
とくに賑やかな南大門市場でいろいろな食材を調達している様子は、とても楽しい雰囲気が伝わってきます。

<周遊>

17. 「韓国3都市巡り【釜山・慶州・水原】」安田 咲さん

Photo credit: 安田 咲「韓国3都市巡り【釜山・慶州・水原】」

釜山、慶州、水原3都市を巡る旅の記録を収めたブログです。
韓国第2の都市釜山では、のどかな浜辺が広がるビーチエリア広安里で浜辺をお散歩したり、のんびりとした時間を過ごして、慶州の観光では慶州郷校北側の丘の上にある丸い大きな遺跡、慶州奈勿王陵を訪れ、自然のなかで歴史の流れに触れています。
水原では世界文化遺産に選ばれている華城を歩き、いろいろな建設物の雰囲気を詳しく伝えています。

<珍スポット>

18. 「韓国の水原(Suwon)という街を知っていますか?世界で唯一の○○館がある街です。」Natsumi Daizenさん

Photo credit: Natsumi Daizen「韓国の水原(Suwon)という街を知っていますか?世界で唯一の○○館がある街です。」

こちらのブログには、なんとも珍しいスポットが紹介されています。その名も解憂斎、別名「トイレ文化展示館」です。その名の通り、テーマはトイレ! トイレ改良運動の歴史を知ることができたり、広々としたトイレ文化公園を散歩することができます。
じっくり見れば見るほど奥が深くて、とても面白いです。一風変わった場所を観光したいという方におすすめです。

<格安旅行・貧乏旅行>

19. 「Jeju Island」Hiroki Matsushimaさん

Photo credit: Hiroki Matsushima「Jeju Island」

済州島の自然の魅力がたっぷり詰まったブログです。世界自然遺産に登録されている城山日出峰の日の出も紹介されていて、光り輝く朝日が昇ってくる様子は神々しさを感じます。
この日の出の景色は、済州島10絶景のひとつに数えられているほどの美しさです。少しだけ早起きして、朝にしか見ることができない絶景を澄んだ空気のなかでじっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

20. 「韓国・ソウル女子旅3日間!燃灯祝祭の提灯がとても綺麗♪」小日向 ひよこさん

Photo credit: 小日向 ひよこ「韓国・ソウル女子旅3日間!燃灯祝祭の提灯がとても綺麗♪」

曹溪寺の燃灯祝祭の雰囲気を知ることができるブログです。
燃灯祝祭はソウルのあちこちに色鮮やかな提灯が提げられ、街が多くの人で賑わうお祭りです。街中では盛大なパレードなどが行われ、ソウル市庁前ではモニュメントに明かりを灯す点灯式が催されます。
夜に明るい提灯が空を埋め尽くす様子はまさに圧倒です。ほのかな光が街を包む風景は、心まで温かくしてくれます。

<列車の旅>

21. 「韓国周遊 寝台列車へラン号の旅」Yuichi Kudoさん

Photo credit: Yuichi Kudo「韓国周遊 寝台列車へラン号の旅」

豪華寝台列車ヘラン号で、韓国旅行をした様子を知ることができるブログです。
なかなか見ることのできないヘラン号車内の様子やコーヒーとケーキのサービスを受けている様子は、バスや地下鉄とは一味違った贅沢さを感じます。
また、韓国名作ドラマ『砂時計』のロケ地、正東津駅を訪れたり、列車ならではの観光の楽しみ方が紹介されています。

おわりに

韓国を実際に歩いた旅人たちのブログをご紹介しました。グルメを食べ歩いたり、映画のロケ地を巡ったり、美しい自然に癒やされたりとそれぞれに韓国の魅力を楽しんでいましたね。ぜひ、あなただけの韓国の魅力を見つけに旅立ってみてはいかがでしょうか。

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: Ara「美味しい観光、韓国ソウルを食べあるく!」

関連旅行記

*TAKE AYAKA「母と3回目の韓国(^^)」
*安田 咲「火山の島【韓国・済州島】」
*Mayumi「ソウルリピーター☆女子一人旅☆THE観光地を巡る再発見の旅♪」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP